内向的でも堂々と生きていける

主に人間関係について書きます。少しでも読んだ人が楽になれば嬉しいです。

星ドラ 命竜武器に槍と短剣登場

■命竜偃月刀 完凸時攻撃力200 さいだいHP+30

とくせい:命跡の奇跡

こうげきとくぎとほじょとくぎのスキルゲージ3%減

Sランクのほじょとくぎをセット可能なサブスキルスロットにヤリ専用のEXランクスキルをセットできる

 

メインスキル:命竜滅牙槍(めいりゅうめつがそう)

威力720%の攻撃

対象:敵1体

CT:14秒

 

超越こうか

攻撃がバギ属性になり敵全体を攻撃するようになる

攻撃後に自分のみの攻撃力が40%上がるようになる

追加CT:6秒

 

わずか20秒で720%のバギ属性全体攻撃、おまけに自分の攻撃力が40%上昇。2積みすれば連続で720%の無属性攻撃を撃てる。

これを4人揃えたら・・・命竜刀と同じことが起こりますね。

イオに続いて、バギ属性に弱い敵、全滅です。

 

スキルそのものが優秀なのでブレイブナイトのサブリンク用としても使い道はあります。

 

唯一の弱点はコンボ待ちなど、他のキャラのCTがたまるのを待っている間にバギ属性へと変わってしまうこと。無属性で撃っていれば勝てていたのに、バギ属性になってしまったせいで削りきれなかった。そんなケースも出てきます。そこだけは注意が必要。

 

完凸時サブスロット構成

補助特技S

攻撃特技S/攻撃呪文S 

攻撃特技A/補助特技A 

攻撃特技A 

 

無凸で155、おまけにドラゴンオーラ、ドラゴンソウル、デビルモードもセット可能。やり抜群クエストで超活躍する未来が見えます。

 

バギ特化、デイン特化、メラ特化も可能なのでスキルさえ揃っていれば進化玉を入れて完凸するのも全然ありです。メインスキルが無属性なのは大きい。不人気武器槍の大本命がようやく登場です。

 

ちなみに偃月(えんげつ)とは半月よりやや細い月のことらしい。知らなかったので勉強になりました。

 

■命竜の尖剣 完凸時攻撃力183 さいだいHP+30

とくせい:命跡の二刀

通常攻撃ヒット時すばやさが30%上がる

成功率15% 対象・自分のみ

「海の絆」の効果は適用されない

左手に盾の代わりに短剣を装備できる

左手の短剣の通常攻撃とメインスキルが使用できる

 

メインスキル:命竜旋乱撃(めいりゅうせんらんげき)

威力110%の5~7回攻撃

対象:敵のいずれか 会心判定有り

CT:9秒

 

超越こうか

自分のみに命竜の結界を付与するようになる

命竜の結界は受けるダメージを15%減する 2ターン有効

追加CT:16秒

 

実に短剣らしい超光速スキル。わずか9秒で最低でも550%のダメージ、無属性なのでどこでも使えます。

超越効果は少しCTが長めですが、受けるダメージ15%カットは戦局を変えるだけの力はあるので待つ価値はあります。

 

完凸時サブスロット構成

補助特技S

攻撃特技S/補助特技S 

補助特技A/補助呪文A

補助呪文A

 

もちろん命竜旋乱撃の2積みも可能。星神の短剣の星神氷連斬でコンボの起点にもなれるし、トリリオンダガーのビーストの咆哮で会心確定にもできる。短剣スキルも充実してきていて、やれることも増えています。

 

完凸すれば一昔前のロト・天空剣の錬金と同じ攻撃力183。もはや攻撃力が低いという短剣の概念を超えた武器。普通に火力のある武器として使えます。

 

個人的には天地雷鳴士と時空術士に短剣が対応していないのが痛い。

 

■分けられた命竜ガチャについて

今回は命竜ガチャが2つに分けられています。

新装備の偃月刀、尖剣、ハンマー、ムチ、弓、かぶと、よろい上下、盾の9種類。

命竜刀、杖、おうぎ、オノ、ツメ、ぼうし、ころも上下の8種類。

 

前回の命竜ガチャでは命竜装備15種類が1つのガチャに入っていたので、いろんな装備を狙いやすかったですが、今回はこのハードモード。

新装備ガチャは常設6種類追加。もう一つは常設7種類追加。前回の命竜ガチャに比べて単純にハズレが増えたってことです。

 

確率を考えるとスルーが正解。こんとブーメランが追加されるのを待った方がピックアップが出る確率は少しだけ上がります。

 

そして残りのこんとブーメランが出た時には命竜ガチャは一つに統合されるのか?

それはかなり厳しいと予想しています。

 

今回だけでなく今後ずっとこのダブル命竜ガチャと対峙していかなくてはいけない。良い武器が登場したワクワク感よりも、そちらの負の感情の方が大きい。

 

ガチャのことを考えずに楽しむ方法を考えます。

本日8月8日は笑いの日らしい。とりあえずメカゴジラの動きが面白いので飽きるまで眺めてようと思います。