内向的でも堂々と生きていける

主に人間関係や楽な働き方について書きます。少しでも読んだ人が楽になれば嬉しいです。

ドラクエウォーク ようやくりゅうおう・キラーマシン撃破

ドラクエ1のイベント終了まで残り2日、りゅおう上級ようやく討伐しました。これで全部のジェムと報酬を回収したのかな。

そしてその勢いでメインストーリー第3章のボス、キラーマシーンも初見で倒すことができました。

 

■りゅうおう、キラーマシン討伐時の装備とレベル

推奨レベル33に対して僕の装備は、以下のとおりです。

 

戦士Lv30(盗賊Lv20・武闘家Lv20経由)

グレートアックスLv40

ロトの盾Lv25

ラダトームのかぶとLv15

ロトのよろい上Lv25

ロトのよろい下Lv25

 

武闘家Lv29(盗賊Lv20・戦士Lv20経由)

あくまのツメLv30

まほうの盾Lv20

ワイルドベレーLv20

凱歌のよろい上Lv15

ワイルドボトムLv20

 

僧侶Lv29(盗賊Lv20・魔法使いLv20経由)

まどろみのこんLv30

ラダトームの盾Lv20

無法者のバンダナLv15

ホーリーローブ上Lv1

ラダトームのよろい下Lv15

 

魔法使いLv30(盗賊Lv20・僧侶Lv20経由)

ゴシックパラソルLv40

まほうの盾Lv1

プラチナヘルムLv15

王宮魔術師ローブ上Lv25

まほうのよろい下Lv20

 

こんな感じでした。りゅうおう、キラーマシン共に前衛バイシオン、全員スカラ、いやしのかぜで回復、ピンチは道具で回復。これを繰り返して倒しました。

楽勝ではありませんが、ギリギリの戦いでもなかった気がします。

それぞれの職業が盗賊Lv20を経由してすばやさボーナスを獲得していたのが大きいのかもしれません。Lv20のタイミングで転職しといてよかったです。

 

星5装備が9個

星4装備が10個

星3装備が1個

 

無課金ですが、いいバランスで武器と防具が揃ってきました。

僧侶にひかりのタクト、武闘家にクリスタルクローが出れば回復力も攻撃力もさらに一段階上昇しますが、代用可能な星4があるので今はこれで我慢します。

戦力を上げるために無理やりガチャを引く必要もなく、この武器で十分楽しんでいます。

 

先日とある道の駅にメガモンスターのりゅうおうが出没していたので対戦してみましたが、瞬殺されました。ああいうのを倒そうと思わなければ課金する必要はありませんね。

 

歩くことも含めて自分のペースで楽しめるドラクエウォークのシステム、素晴らしいです。メインストーリー4章どんな強い敵が出るのか楽しみです。

 

無課金でやるならリセマラスタートが必須

もちろんりゅうおうやキラーマシンを倒せたのはリセマラしたおかげです。

一度育てたアカウントを消して、リセマラしたのは大正解でした。

 

リセマラの最大の利点は、レベル上げが圧倒的に楽だからです。

とにかくスムーズです。

 

ドラクエウォークは歩くことを楽しむゲーム。全体的にポジティブな感想が多いのも昼間外に出て青空を見て、歩いて運動をして、そのおかげでいい気分になっているからです。

ひきこもってやっているとネガティブな想念が湧いてきて、ガチャで大当たりしない恨みつらみをSNSに上げるようになるのです。

 

ドラクエウォークでは90%以上の戦闘がオートで、手動で戦うことはほとんどありません。これの何が楽しいかというと、やはり歩くこととそれに応じてレベルが上がることが楽しいのです。

これはドラクエの基本であり、30年以上人を虜にしてきた最大の理由でしょう。

 

ドラクエウォークでは歩いている間に勝手にレベルが上がったり、重要な強化アイテムであるモンスターの「こころ」が集まったりします。敵を倒せるかどうかを気にすることなく、歩くという行為そのものを楽しむためには、ほとんどの戦闘をオートバトルで終わらせる必要があるのです。

 

オートバトルで敵を倒すことができず、序盤でつまづくかどうかは強力な全体攻撃が可能な武器を持っているかどうか。ただそれだけです。

 

まともな武器があるとないでは、序盤の進行速度が全然違います。辞めてしまう人の大半は星3の武器で進めたからではないでしょうか。

 

僕自身も配信初日から始めたアカウントではまともな武器が出ず、メインストーリー2章のボスを倒すのも一苦労するひどい有様でした。2週間後のリセマラ後のアカウントではつまずいたのが嘘みたいに、ボス戦もオートバトルで楽勝でした。

 

リセマラには反対の立場でしたが、その考え方も変わりました。

楽しくやりたいなら絶対にリセマラすべきです。

 

そのレベル上げを圧倒的に楽にしてくれたゴシックパラソルとグレートアックス。

この2つをリセマラで手に入れたのは大きいです。

ゴシックパラソルのマヒャドとグレートアックスのオノむそう。武器をLv30まで上げると習得するこの2つの全体攻撃スキルでほとんどの敵を殲滅できます。

実に爽快です。

 

・ゴシックパラソル マヒャド

・グレートアックス オノむそう

ロトのつるぎ ギガスラッシュ

ロトのつるぎは手にいれるチャンスは10月24日の14:59までしかありませんので、チャンスはわずかです。

 

この3つのうち2つをリセマラで手に入れられると、開始からレベル上げがイージーモードに突入します。

レベル上げが楽=ドラクエウォーク楽しいとなります。わかりやすいほど違います。両方を経験した僕が言うのだから間違いありません。

 

名刀斬鉄丸やクリスタルクローなどは良い武器ですが、単体攻撃に特化しているため、ボス攻略には活躍しますが、レベル上げには向きません。

 

少しでも画面を見る時間を減らし、歩くということに集中するためには頑張ってリセマラをする必要があります。

 

2019年10月22日現在だと

・100万ダウンロード突破記念クエス

・300万ダウンロード突破記念クエス

・500万ダウンロード突破記念クエス

・800万ダウンロード突破記念クエス

この4つのクエストをこなすだけでかなりのジェムがもらえます。

 

現段階でのリセマラはチュートリアルを終了させてこの4つをクリアして、福引をするという流れになります。

ドラクエウォークのリセマラは自宅だけで完結できず、1kmくらい歩くことが必要なので1日1回と決めて気楽にやるのがいいかもしれません。

出るまでは大変ですが、出ると圧倒的に冒険が楽になります。

 

■今後の展望と課題

ドラクエ1のイベントが終わった後は、やはりドラクエ2のイベントが来るのでしょうか?

それに応じて新しい装備も出そうですね。そしてバトルマスター魔法戦士などの上級職の実装はあるのか。楽しみです。

 

僕の今の目的はラダトーム装備を全て限界突破させることです。

イベントのクリア報酬、歩く報酬、ドラクエ1メダルとの交換など全ての報酬を確実にゲットしていくとラダトーム装備がそれぞれ5着ずつ手に入り、上から下まで全てのラダトーム装備を4段階まで限界突破することができます。

 

どうしてもこれをやっておきたい。

イベント装備の完凸は、星ドラ時代から最低限のノルマです。

 

普段はウォークモードでやるところを手動で一軒一軒家を訪ね、キラキラをタップし、ラダトームメダル20枚を回収しています。

残りはラダトームのよろい上を交換するのみ。あと650枚ほどなので今回はギリギリ間に合いそうですが、必要なアイテムを全て回収できたわけではありません。

 

部屋のドレスアップ用の「DQ1のカセット」はもちろん、王女の愛、戦士の指輪は諦めます。

次回はもっと計画的に歩いて、他人の家を積極的に訪ね、イベントメダルを回収しておこう。