内向的でも堂々と生きていける

主に人間関係や楽な働き方について書きます。少しでも読んだ人が楽になれば嬉しいです。

生きているとエモい気持ちになる夜もあるよね

アメリカのロックバンド、Jimmy Eat Worldジミー・イート・ワールド)のツイッターをなんとなく見ていたら、Futuresが発売15周年を迎えたというツイートを発見。

Futuresは2004年に発売された彼らのアルバムのタイトルです。

 

そうかもうあれから15年も経ったんだ。

誕生日は祝えなかったけどお祝いも兼ねて聴いております。

 

Futures

Futures

 

 

派手さはないけど、心にしみる名曲・佳曲が多い。

Sweetnessという圧倒的名曲が収録された超名作「Bleed American」をリリースした後のアルバムで、僕もめちゃくちゃ期待してCD屋に足を運んだ。

 

このアルバムに関しては買った場所もよく覚えている。

北千住のVirgin Recordsで買った。

当時千葉県の柏市に住んでいたが、わざわざ北千住まで買いに行った。

その理由はVirgin Recordsのスタンプを押してもらうため。

「いやその割引は交通費で相殺されるでしょ」と過去の自分に優しく伝えたあげたい。

ま、押してもらいたかったんですよ。スタンプを。

 

柏にあったVirgin Recordsが閉店してしまい、最寄りのVirgin Recordsが北千住しかなかったからだと記憶してます。

わざわざ遠くの店までCDを買いに行くということは、多分もう少しで1000円引きくらいのポイントが貯まりそうだったんでしょうね。

 

当時はまだ国内盤を買うとスタンプを押してもらえて、それが溜まると割引になるサービスがあった。

最近はリアルCDショップに足を運ぶことがなくなったのでわからないが、もうこういうのはやってないのかな?Disk Unionのポイントも結構貯めたなぁ。

とエモい気持ちになる。

 

あの頃は仕事中に仕事着のままCD屋に寄って、普通にCD買ってたな。

今ならツイッターで通報されたりするのかな?

「なんか、おたくのバイトの人がさぼってましたよ」的な。

まあ、それだけ音楽を買うということに情熱を傾けていた時代です。

CD屋でCDを買うという文化を全力で楽しんでいた。

僕にとっては、なかったことにはできない大切な時期です。

いい感じにエモくなってきたね。

 

2004年頃ってちょうど洋楽業界の衰退が始まった時期ですね。でもこの頃はまだ元気があって、Jimmy Eat Worldも普通に単独で来日出来てたし、確かこのFuturesのツアーも渋谷かどこかで観た。

Sweetnessは泣いたな。全身の毛穴が一瞬にして開く感じ。

 

さて肝心のFuturesの一番の聴きどころを一箇所だけ紹介しようと思います。

2曲目のJust Tonight、ノリのいい曲なのですが、この曲のギターソロ前の一瞬のノイズがめちゃくちゃかっこいいのです。時間は2:07、そこだけでも聴いて。お願いします。

今はSpotifyやAppleMusicで聴けるのでハードルは低いですよね。

 

ボーナストラック前本編最後の「23」という曲も名曲です。

バラード系の曲が好きな人は7曲目の「Drug Or Me」と14曲目の「23」がおすすめ。

ロック系の曲が好きな人は2曲目の「Just Tonight」と6曲目の「Pain」がおすすめ。

ちなみに氷室京介さんもこのPainという曲をカバーしてます。

 

ロックは好きだけど、ガチャガチャうるさいのはあまり好きじゃない。そんな繊細なニーズに応えてくれる作品。秋の夜長に聞くにはぴったりのアルバムだと思います。

 

2004年頃って多分、僕が数年苦しんだパニック障害の闇から解放されて、普通に街を歩けるようになり、電車にも乗れるようになった頃だと思う。

なんかあの頃を思い出しますね。まだぎりぎり20代だったんだ。もしかすると20代最後に買ったアルバムなのかもしれません。

実にエモい。

 

今は亡き北千住のVirgin Recordsで買った、Jimmy Eat WorldのFutures。

15年後の未来に聞いてますが、変わらず良い作品です。

心に沁みる。

 

Jimmy Eat World、新作が出たみたいですね。

彼ら2001年から3年ごとに必ずアルバムを出してます。めちゃくちゃ真面目、ミュージシャンの鏡。今年はJimmy Eat World年だったんですね。

 

最近洋楽系の情報を積極的に仕入れてないので、いきなり新譜が来るので嬉しい。

今年初のCD購入です。

エモい秋になりそう。

 

Surviving

Surviving