内向的でも生きていけるはず

主に人間関係について書きます。少しでも読んだ人が楽になれば嬉しいです。

通信速度制限と完全に決別する方法

毎月月末になると聞く声、

「今月やばい、そろそろ速度制限が来そう」

 

なぜ速度制限が来るのか、全く意味がわかりません。

そういう人たちは必ず速度制限への道を自ら進んでいるのです。

 

自宅にWifiもなく、4G回線のみでインターネットをしていますが、僕は速度制限とは全く無縁の生活を送っています。

過去に速度制限が来たことは一度もありません。

 

速度制限が来ないような契約をし、端末側も速度制限が来ないような設定をし、速度制限が来ないための生活を送っている。ただそれだけです。

 

一人暮らしをしていた頃はずっと家庭回線のネット契約をし、ひと月5000円くらい払っていました。当時から高いなあとは思ってましたが、あの時代は4G回線も、格安SIMMVNOもなかったので仕方ないです。

 

iPhoneが出現し、4G回線が当たり前になり今はネット契約の選択肢も増えました。

それでもほとんどの人は搾取されていると僕は感じています。

多くの選択肢の中で自分にとって最適な契約をしている人だけが得をし、自分にとって無駄が多い契約をしている人が損をしたり、速度制限が来たりしている。

 

現在僕のひと月の通信料は、

iPad miniセルラー)のインターネット契約

iPhoneのインターネット契約、電話契約

この2つのみで合計は2500円ほどです。

これで十分快適に生活出来ています。

 

僕なりではありますが、家計を圧迫しない方法、速度制限が来ない方法を紹介していきたいと思います。

(全て家に容量無制限のWiFi環境がない場合を想定しています)

 

■最重要項目3点

特に重要なことは以下の3つ

Youtubeを見ない

・AmazonPrimeVideoを利用する

・ネットショピングを控える

この3つを守れば通信制限とは完全に無縁の生活を送ることができます。

 

■エロいヤツのところから順に速度制限はやってくる

男で速度制限が来る人々はどういう人か。

たいていむっつりスケべな人だと断言できます。つまり彼らはエロ動画を見ている。

ご存知のとおり、動画は容量が大きいのですが、その動画を毎日のように見ていると当然容量はすぐに枯渇します。

 

「今月速度制限やばい」というのは

「オレ、エロ動画見過ぎた」という意味なのです。

あまり大きな声で言うことではないと思います。

 

僕は娯楽の中からYoutubeという選択肢を完全に除外しました。

見なくても生きていけます。

 

エロ動画は冗談ですが、制限が来ると嘆いている人は例外なくみんなYoutubeが大好きです。

Youtubeばっかり見ているから通信制限が来るのです。当たり前のこと。

 

僕にとっては、Youtubeは自宅に無制限のWifi環境がある人のための娯楽であり、容量制限のある自分の端末で見るものではないです。

もちろん僕もごくたまにYoutubeを見ることがありますがカフェ等の無料Wifiを使ってみてます。

 

これだけでかなりの容量を節約できます。

 

■プロの創ったものに触れていたい

Youtubeを見ない代わりに何をしているか。

僕はたいていAmazon Prime Videoのコンテンツを見ています。

これさえあればYoutubeで容量を浪費することは永遠にないでしょうね。

 

ここ最近ハマったのは、

バチェラー

おっさんずラブ

重版出来

ガンダム THE ORIGIN

などでしょうか。映画が好きな人は、かなりの数の映画が見放題で時間がいくらあっても足りないと思いますよ。

 

週に何度かカフェや無料WiFiのある施設に行くことがありますので、その時に面白そうな番組をチェックしダウンロードして帰ります。昔で言うレンタルビデオ屋に行くような感覚でしょうか。返却はありませんので見終わるまで端末の中にあります。

 

空き時間、自由時間にAmazon Prime Videoを観る生活になってからは、Youtubeを見ることはなくなりました。興味のある番組が常にストックされているので、コンテンツの質の保証もないYoutubeをわざわざ見ることはないですね。

 

素人が上げた得体の知れないコンテンツの中にも面白いものがありますが、僕はプロが作ったコンテンツに触れていたいです。

文章も同じでツイッターのわけのわからない愚痴や自慢を読み漁るくらいなら、小説、漫画、プロの作った質の高いものがいくらでもありますのでそちらを読みます。

 

Amazon Prime VideoはAmazonのプライム会員になればついてくるサービス。

年会費3900円という安さです。

ひと月で割ると325円。新作レンタルDVD一回分、コーヒー一杯分の値段でこれだけのコンテンツを提供するものは他にないですね。

 

そして無料WiFiをうまく利用すれば速度制限から遠ざけてくれる強い味方となります。

 

Spotifyのストリーム再生で容量を使わない方法

音楽が好きな人はSpotify等でずっと音楽を流しっぱなしにしたりすると思いますが、ストリーム再生はけっこう容量を消費します。

 

僕が使っている格安Simを提供しているMineoは音楽のストリーム再生での容量節約を可能にしてくれました。

データ容量節約機能が付いていて、これをオンにすると速度が遅くなる代わりに、容量が減りません。速度制限を自らかけるのです。

 

1曲目の読み込みに少しだけ時間がかかりますが、読み込んだ後の再生に関して特に問題はありません。そのあと、どれだけ聞いても速度制限はかかりません。

 

データ容量節約機能もかなり利用していて、急いでいる時以外は全てこの低速モードで再生しています。

 

スマホの契約を見直す

キャリアとの契約だと、ひと月5000円から7000円くらいが相場だと思います。

その半額で2つの端末を運用している僕から見るとみんな払いすぎだなと感じます。

 

・電話をあまりかけない、LINE通話のみ。

Youtubeを見ない。

・支払いを終えた端末、Simフリー端末をすでに持っている

 

これらの条件が整っている人は格安Simへの乗り換えをオススメします。

 

格安Simのデメリットは朝晩の通勤時間帯、昼休み、夜の挨拶の時間帯などにかなり速度が遅くなるということです。確かに酷い時がありますが僕は許容範囲です。

その時間にネット閲覧をあまりしない人ならすぐにでも契約した方が確実にお得です。

 

■ネットショッピングは通信速度制限への甘い罠

僕はショッピング系サイトのネットサーフィンも止めました。

昔はAmazonを何時間も眺めてましたが、見たところでどうせ買えないのです。欲しいものがwishlist内に増えるだけ。

今はその時間をAmazon Prime Videoを観る時間に充ててます。

 

実際、アマゾン、楽天、ZOZO等のショッピングサイトは画像が多いので、一気に容量を消費します。

 

買いもしない商品に容量を吸い取られるのもバカバカしいと思うようになったので、カフェ等無料WiFiがある場所でしか買い物系のネットサーフィンをしてはいけないというルールを課しました。かなり効果的です。

 

インスタグラムも同じです。

他人の幸せや自慢の確認のために自分の貴重な容量を使うのを止めて、その分を有意義なことに使う。減っているのは容量だけでなく貴重な時間です。

 

Amazon Prime Videoで、

ショーシャンクの空に」を見れば

意味もなくインスタを眺める一億倍の充実感が得られると僕は思います。

 

人の生活なんか覗いても、どうせ羨ましくなるだけなんだから。

 

■速度制限させない人が、家庭、家計を守る

現在僕の今月分の容量の残りは、13.8GB。多分使いきれないと思います。

 

通信容量が必要な人に限って、Youtubeを何時間も見たりと贅沢な生活をし、

通信容量が不要な人に限って、不要なデータの浪費を抑え質素な生活をしている。

 

何かと似ていますね。

 

通信速度制限をコントロールできる人は、家庭の破滅、破産を防ぐことができるのです。

まだ家庭を持っていない若者は将来自分が家庭を持った時のため、今から通信速度制限のコントロールで予行練習しておきましょう。

 

Youtubeや画像メインのサイトは容量を喰うということすら理解できていない人もたくさん存在します。そういう人たちはまずはそのことを理解すること。

そうしないといつまで経っても、キャリアショップの混雑は解消されないし、無駄な通信料を払い続けることになります。

 

そしてお金がない人こそ、アマゾンプライムビデオを利用すべきです。

とりあえずアマゾンプライムビデオだけで娯楽はなんとかなる。今はそういう時代です。