内向型の逆襲

エルデの王に俺はなれない・・・

ブレワイDLCウルボザ編 強さと母性を兼ね備えた最強の戦士

英傑の1人ウルボザは、ゼルダ姫を御ひい様と呼び続けます。

「御ひい様」という言葉に縁のない僕は、ゲーム内の造語か何かだと思っていたのですが、御姫様という漢字変換も可能な正しい日本語なんですね。

 

f:id:tonycat:20210730144829j:plain

ウルボザがゼルダ姫をそう呼び続けた理由。本編では明かされなかったその謎がこのDLCで明かされます。

 

英傑ウルボザの詩 Ex 思い出した記憶その4

ウルボザのムービーの中では、本編神獣解放後のアレが一番かっこいいのですが、DLC版のムービーでも姉さんの格好良さは健在でした。

 

不意打ちしようとするイーガ団を見抜き戦闘開始。

盾でのジャストガードから峰打ちと雷攻撃で圧倒。

そして決め台詞。相変わらずかっこよかった。

f:id:tonycat:20210730144833j:plain

 

なぜ私を御ひい様と?というゼルダ姫の問いへの答えはこうでした。

f:id:tonycat:20210730144758j:plain

あんたが小さかった頃・・・

私の友達はいつもそう言って幸せそうに笑ってた

10年前のあんたはさ・・・

母親を亡くしたばかりなのに一生懸命前を見て

精一杯王国の姫をやっていて・・・

その姿を見ていたら・・・

いつの間にかね・・・ 

 

f:id:tonycat:20210730144842j:plain

・・・強い戦士であると同時に

母性に溢れた女性だったのでしょうね。

 

カッシーワさんの解説に彼女の全てが詰まっています。

 

ウルボザの日記

王妃に似て美人に育つだろう・・・そう伝えると

器量より幸せに恵まれて欲しいと彼女は言った

娘を見つめるその姿はとても幸せそうだった

 

ウルボザと亡き王妃の良好な関係が伝わってきます。

その後王妃が亡くなり、日記の内容はゼルダのことが中心になってくる。ゼルダを見守る視線は母そのもので温かい。叙任式の様子も記されています。

 

ハイラル城での叙任式に参加・・・

運命を共にする仲間達と英傑に任ぜられた

ゼルダ リーバル ミファー そしてリンクは

次の時代を築く若者達だ

私とダルケルは彼らを支えていこうと思う・・・

 

理想の上司ダルケルと理想の母ウルボザに支えられるこの若者達。

厄災ガノンに敗北しないルートも見てみたい気がする。ゼルダ無双厄災の黙示録をやるしかないみたいですね。

 

最近ゼルダはよく笑うようになった

リンクとの仲も良くなってきた様子だ

これがあの子の修行に良い影響を

与えてくれるといいのだが・・・

しかし果たして間に合うのだろうか

各地で異変や魔物の出現が増えていると聞く

ゼルダに・・・御ひい様に時間を与えてくれと・・・

私は祈ることにしよう

神にではなく

あの子の母・・・私の友に

 

真面目さゆえに苦しんでいるゼルダ姫。それをよくわかっているからこその祈り。

ゼルダ姫が最後に覚醒したのは、この母ウルボザの祈りがあったからでしょう。

 

現在の族長、ルージュの部屋に置いてあるこのウルボザの日記。

幼くして母を亡くしたという意味では、同じ境遇にあるゼルダ姫とルージュ。ウルボザの日記を読むことで、ルージュも自分がウルボザに見守られていると安心することでしょう。

 

このあたりの設定は本当によく練られているなと感心します。

優しさの連鎖系に最近弱いので、このウルボザ編は心に響きました。

f:id:tonycat:20210730144915j:plain