内向型の逆襲

心穏やかな生活を手に入れるために

Apple TV+始めました

Apple社の動画配信サービスAppleTV+(アップルTVプラス)に加入しました。

月額600円でアップルのオリジナルコンテンツを観れるというものです。

 

Apple製デバイスを購入すると、AppleTV+を1年間体験できます。

 

オフィシャルサイトにも記されています。

最近iPhoneを購入したので、早速登録してみることにしました。

 

新しく購入した端末からAppleTVのアプリにアクセスすると、サブスクリプション画面に飛び、そこで購入手続きを済ませるだけです。ちなみに同じアカウントであっても購入した端末以外のAppleTVアプリからは無料体験の契約はできないみたいです。

 

1年間は無料ですが、その先に自動更新での課金があるためクレジットカードの認証が必要です。

 

端末をアクティベートした日から90日以内に契約しないと権利が無効になってしまうので注意が必要です。

 

■AppleTVプラスはAppleチャンネル

Apple TVプラスはAmazon Prime Videoのアップル版ではありません。

アマプラのように映画・アニメ・ドキュメントなどいろんな番組が見放題になるわけではなく、そういったものはレンタルをするなり、別料金が必要です。

 

Apple TVプラスはAppleオリジナルの番組を配信するためのもので、Appleチャンネルと言ったほうがわかりやすいかもしれません。

 

まだ番組数は少なく正直なところ興味をそそるものは多くありませんが、せっかくなので一番興味のあった「Long Way Up:大陸縦断バイクの旅」を観ることにしました。

 

ユアン・マクレガーとチャーリー・ブアマンが挑む、壮大なバイクアドベンチャー。伝説のシリーズ3作目となる今回は、試作品の電動ハーレーダビッドソンで、南アメリカから中央アメリカの絶景を巡る旅に出る。

 

このシリーズのことすら知らず、ただなんとなくユアン・マクレガーは好きだし、バイクで旅なんて面白そうだなと軽い気持ちで観ましたが、想像以上におもしろかったです。

 

第一話は電動バイクの調達や走るコースの選定など、出発前の様子がメインです。その中にプロジェクトX情熱大陸的な要素を感じられる熱い人たちがいたるところに出没するので、引き込まれます。バイクも物凄い勢いで進化しているんだなと感じます。

 

しばらくはこの番組を楽しめそうです。ちなみに今週の金曜日11月13日の公開分が最終回みたいですね。いいタイミングで見始めたなあ。

 

この番組だけでも、アップルの本気度が伝わってきます。

アマゾンプライム同様スマホタブレットへのダウンロードも可能なので、オフライン視聴も可能です。

 

■M1チップ搭載の新しいMac miniが熱い

このドキュメントを見終わったあと、ちょうどApple Eventという番組があったのでそのまま視聴してみました。

iPhone12が発表された時のやつかなと思っていたのですが、ちょうどこの時にLiveでやっていたみたいですね。すごい偶然。

 

そこで発表されたAppleM1チップ搭載のMac

・MacBookAir ¥115280(税込)

・13inchMacbookPro ¥148280(税込)

Mac mini ¥80080(税込)

※全て最小構成

 

MacBookAirはCPU冷却のためのファンがないのでめちゃくちゃ静からしいです。

これだけでも購入理由になりますね。

 

僕はiMac (mid2011)というUSB3.0すら付いていない古いモデルを使っているので、そろそろ買い換えてもいい時期なのですが、このMac miniには惹かれますね。

M1チップを積んだ初号機というのも魅力的。

 

月1万円の8回払いだと考えると全然買ってもいい値段。

iMacで使っているキーボードもマウスもそのまま使えるし、ディスプレイもあるのでこれはかなり前向きに購入を検討します。

 

Apple Magic Keyboard(テンキー付き)- 日本語(JIS) - シルバー

Apple Magic Keyboard(テンキー付き)- 日本語(JIS) - シルバー

  • 発売日: 2019/03/01
  • メディア: Personal Computers
 
Apple Magic Mouse 2 - スペースグレイ

Apple Magic Mouse 2 - スペースグレイ

  • 発売日: 2018/05/16
  • メディア: Personal Computers