内向的でも堂々と生きていける

主に人間関係について書きます。少しでも読んだ人が楽になれば嬉しいです。

星ドラ はぐメタ装備は本当にオワコンなのかその2

 

前回はぐメタ装備がまだまだ現役で活躍できる理由を3つ挙げてその2つについて力説しました。

 

・錬金後のメインスキルに抜き出しの需要あり

・なくならないメタル狩り

・耐性防具としては未だに優秀

 

今回は残る1つ耐性防具としての魅力についてです。

 

DQ1の時代からメタル系というのは呪文が効きません。普通のドラクエだとドラゴラムが効きましたが、星ドラではドラゴラムすら無効。全ての呪文をはね退けます。そんなメタル系の防具が優秀でないはずがない。

 

今日がイベントの最終日だったため、あわててギガ伝のゼイアンに挑戦しました。

ゼイアンはデイン属性攻撃が尋常ではないので、耐性を盛る必要があるのですが、先日のガチャで出たばかりのはぐメタのよろい下にデイン耐性・中がついているので早速装備していきました。

集まってくれた仲間にも恵まれノーデス達成できました。

これが今まで使っていたトロデーンズボンだったらもしかするとノーデスは逃していたかもしれない。守備力が13も違うのです。やはりはぐメタ装備は圧倒的だなと実感しました。

 

■耐性の組み合わせが秀逸なよろい系

f:id:tonycat:20190115023031j:plain

はぐメタよろいシリーズにはそれぞれ耐性が3つずつついています。

 

はぐメタのかぶと

闇ブレス・イオ属性・ドルマ属性ダメージ30%軽減

 

はぐメタのよろい上

炎ブレス・メラ属性・バギ属性ダメージ30%軽減

 

はぐメタのよろい下

氷ブレス・ヒャド属性・デイン属性ダメージ30%軽減

 

それぞれスキルマックスで30%ダメージ軽減してくれます。

本来100であったダメージが70に減る。このHP30の差は大きく、これが強いボスを倒せるかどうか、ノーデスを達成できるかに直結します。

敵が強くなればなるほど1つの防具で同時に2つ耐性を取ることが必須になってきますので、3つついているはぐメタ防具はそれだけ耐性が取りやすいのです。

 

ネクラ系ボスには、はぐメタのかぶと

熱い系のボスには、はぐメタのよろい上

寒い系のボスには、はぐメタのよろい下

と覚えやすい組み合わせになってます。

 

はぐメタの盾

はぐメタ盾は呪文無効盾。メインスキルのメタルガードは呪文を無効にするというまさにメタル系の真髄を極めたようなスキルを持っています。

 

呪文無効盾にはルビスの盾がありますが、あちらは凍てつく波動で解除されてしまう。

はぐメタ盾の呪文無効は凍てつく波動すら無効にします。これが最大のメリット。

 

はぐメタの盾でないと倒せないボスも存在しますので、ルビスの盾との使い分けが理想です。さりげなくついているブレスダメージ10%軽減が嬉しい。

 

これらの防具が錬金されたのが2016年の9月、今から2年以上前です。iPhoneなんて2年もすればすぐに型落ちになってしまうのに2年以上も前のものが未だに現役であるということはこの時代の奇跡です。

可能ならば3人全員、最低でもメンバー1人分は欲しい、はぐメタよろいセット。

 

会心・みかわし&見た目装備のローブ系

これだけの耐性を揃えてもまだ全てのボスの攻撃には対応できません。

致死率ナンバーワンの厄介な攻撃、痛恨の一撃。

これはどれだけ防御力を上げていても関係なく大ダメージを与えてきます。これをなんとかしたい。

そして耐性に関係なく物理ダメージを回避するみかわし。

スーパースターレオダーマの得意技。空振りは相手にダメージを与えないだけでなく、こちらにもダメージを与えます。

これらに対応する防具がはぐメタローブシリーズです。

f:id:tonycat:20190115023026j:plain

 

はぐメタのかんむり

いきなりピオラ・会心ダメージ70%軽減

これがないと倒せないボスがたくさんいます。なるべく早く手に入れたい防具。

すばやさアップ単独でも価値があるので、いてつく波動を使わないとわかっている相手が多いメインストーリーなどで活躍します。

 

はぐメタのローブ上

イオ系呪文の極意・攻撃呪文ダメージ30%軽減

イオナズンを唱える貴女に贈りたい一着。はぐメタの杖を装備した賢者と相性が良いです。

はぐメタのローブ下

みかわし率+20・回復魔力+20

物理攻撃が激しすぎてどうしようもない。そういうときはみかわし。

僕はまだ持ってないのでこれがどうしてもほしい。

 

はぐメタバックラー

メタスピガード・会心ダメージ20%軽減・メタルチャンス

夢の8秒防御+微回復、会心ダメージ微軽減、使い所のないスキルに対して。

獲得経験値+30%もメタルチャンス。これがこの盾のメイン。

 

経験値欲しさにこの盾を乱用するのは、マルチではあまりオススメしません。

あくまでもソロ用、マルチでは自分が募集する時のみ装備しましょう。

強い相手の時はきっちり耐性を積む、これが基本です。

でないと経験値よりも大切なものを失ってしまいます。

 

装備しているだけでやる気がないとみなされてしまう危険な盾でもあります。

 

そしてはぐメタローブシリーズの一番の魅力。それは見た目がかわいらしいということです。錬金前も錬金後もそれぞれ違った可愛さがある。

見た目装備としても需要はなくならないと思います。

 

■メタルとは何か

金属でできたスライム、メタルスライム

 

経験値を多くもらえる

呪文が効かない

会心の一撃でないと倒せない

すぐに逃げてしまう

 

ドラクエをやる人にとっては当たり前のこの常識。30年前にこの設定を考えた人は本当に偉大だなと思います。これらの設定があってこそドラクエを楽しめているのです。

 

少し前にカンダタを倒すとたまにメタルキングが出てくるイベントがありましたけど、あれほど楽しいイベントはなかった。また開催して欲しい、あれは盛り上がります。

 

2回に分けてはぐメタ装備を振り返ってみましたが、自分の中でもかなりはぐメタ情報を整理できました。

今後、メタルキング装備が登場することになると思いますが、それでもはぐメタ装備はオワコンになることなく末長く愛用されていくと確信しました。それだけの魅力がある。

 

メタルとは何か。

輝きを放ち続けるものだと僕は思います。

経験値的にも耐性値的にも。