内向型の逆襲

積みゲー消化中。現在はFF7Remake。

3種類の新しいPS Plus、どれに入るべきか真剣に考えてみる

2022年6月2日、PS Plusがリニューアルされます。

 

Essencial(エッセンシャル)1ヶ月 ¥850 / 3ヶ月 ¥2,150 / 12ヶ月 ¥5,143

Extra(エクストラ)1ヶ月 ¥1,300 / 3ヶ月 ¥3,600 / 12ヶ月 ¥8,600

Premium(プレミアム)1ヶ月 ¥1,550 / 3ヶ月 ¥4,300 / 12ヶ月 ¥10,250

 

あなたはどのコースを選びますか?

僕はエクストラにアップグレードすることにしました。

 

エクストラに加入した理由

現在のPS Plusに加入(PS Nowは未加入)している僕は、自動的にエッセンシャルに移行します。値段は同じなので、このままだと特にやることはありません。

 

エクストラやプレミアムに加入する(アップグレードする)価値があるのかを検討しながらこの数ヶ月過ごしてきました。昨日、エクストラ以上で遊べるソフトのラインナップが発表されたので、エクストラにアップグレードすることにしました。

 

理由は遊べるソフトの中に買ってプレイしようと思っていたソフトが、多く含まれていたからです。5つほど紹介しますね。

 

・Bloodborne

 

・GRAVITY DAZE1

 

・GRAVITY DAZE2

 

・DEATH STRANDING

 

・シティーズ:スカイライン

 

これらをセール期間中にそれぞれの最安値で買ってもトータルで1万円はかかります。

それを12ヶ月で8600円で遊べるわけですから、僕にとってはお得ということになります。1年以内に遊び切れば、元は取ったことになります。

 

プレミアムまでアップグレードしない理由は、そちらは期待ハズレだったからです。

 

メタルギア1・2・3

ドラクエ7・5・8

 

これらが含まれていたら加入していましたが、現在発表されているクラシックスの中に遊びたいソフトはあまりないですね。

 

昨年Nintendo Switch Onlineで遊べるようになった「ゼルダの伝説 時のオカリナ」を遊びました。初見プレイだったのですが、現在のグラフィックや遊びやすさに慣れた身からすると古いゲームを遊ぶのって相当の思い入れと忍耐力がないと厳しいです。神ゲーと言われている「時のオカリナ」でもそうでした。

 

新しいゲームの方が圧倒的に楽しいので、同じ時間を使うなら新しいゲームの方が得られるものが多いということになりますね。

 

加入を検討している人へ

まず大前提として、月にどれくらいゲームを遊べるかで元を取れるかどうかは変わってきます。

 

月100時間以上ならプレミアムでも元を取れる可能性がある

月50時間以上ならエクストラでも元を取れる可能性がある

 

ゲームに費やす時間が、それより少ない人は単体でソフトを買った方が絶対にお得です。

 

エルデンリングを遊んでいた2ヶ月間、他のゲームはほとんど触っていません。その間に払ったNintendo Switch OnlineやPS Plusへの課金は、ただのお布施となってしまいました。

 

最近の大作は一つのソフトあたりだいたい50時間は遊べます。サブスクで元を取るほど遊ぶためには、プレー時間を増やすか家族を増やすかの二択になります。

 

エクストラ以上で遊べるソフトのラインナップ紹介

PlayStation Studiosのタイトル

 

『ALIENATION(エイリアンネーション)』| Housemarque、PS4

『Bloodborne』| 株式会社フロム・ソフトウェア/Japan Studio、PS4

『アッシュと魔法の筆』| Pixelopus、PS4

『Days Gone』| Bend Studio、PS4

『デッドネーション:黙示録エディション』| Housemarque、PS4

『DEATH STRANDING』および『DEATH STRANDING DIRECTOR’S CUT』| 株式会社コジマプロダクション、PS5/PS4

『New みんなのGOLF』| Japan Studio、PS4

『Ghost of Tsushima Director’s Cut』| サッカーパンチ、PS5/ PS4

『ゴッド・オブ・ウォー』| サンタモニカスタジオ、PS4

GRAVITY DAZE 2/重力的眩暈完結編:上層への帰還の果て、彼女の内宇宙に収斂した選択』| Japan Studio、PS4

GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動』| Japan Studio、PS4

『Horizon Zero Dawn』| ゲリラ、PS4

inFAMOUS First Light』| サッカーパンチ、PS4

inFAMOUS Second Son』| サッカーパンチ、PS4

『KNACK』| Japan Studio、PS4

リトルビッグプラネット3』| Sumo Digital、PS4

LocoRoco』| Japan Studio、PS4

LocoRoco 2』| Japan Studio、PS4

『Marvel’s Spider-Man』| インソムニアック・ゲームズ、PS4

『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales』| インソムニアック・ゲームズ、PS5/PS4

『MATTERFALL』| Housemarque、PS4

『メディーバル 甦ったガロメアの勇者』| Other Ocean、PS4

パタポン』| Japan Studio、PS4

パタポン2 ドンチャカ♪』| Japan Studio、PS4

『RESOGUN』| Housemarque、PS4

ワンダと巨像』| Japan Studio、PS4

『Tearaway PlayStation 4』|Media Molecule、PS4

『人喰いの大鷲トリコ』|Japan Studio、PS4

The Last of Us Remastered 』| ノーティードッグ、PS4

The Last of Us Left Behind ‐残されたもの‐』| ノーティードッグ、PS4

『Until Dawn -惨劇の山荘-』| Supermassive Games、PS4

アンチャーテッド コレクション』| ノーティードッグ、PS4

アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』| ノーティードッグ、PS4

アンチャーテッド 古代神の秘宝』| ノーティードッグ、PS4

Wipeout Omega Collection』| Clever Beans & Creative Vault Studios、PS4

 

Demon’s Souls』| Bluepoint Games/PlayStation Studios、PS5

『Destruction AllStars』| Lucid Games、PS5

『Returnal』| Housemarque、PS5

 

ソフトウェアメーカー各社のタイトル

 

『Ashen [アシェン]』| Annapurna Interactive、PS4

アサシン クリード ヴァルハラ PS4 & PS5』(*3) |  ユービーアイソフト株式会社、PS5/PS4

バットマンアーカム・ナイト スペシャル・エディション』 |  ワーナー ブラザース ジャパン合同会社PS4

『Celeste』|  有限会社ハチノヨン、PS4

『シティーズ:スカイライン』|  株式会社スパイク・チュンソフトPS4

『CONTROL アルティメット・エディション』|  株式会社マーベラス、PS5/PS4

『Dead Cells』| Motion Twin、PS4

FINAL FANTASY XV ROYAL EDITION』| 株式会社スクウェア·エニックスPS4

『フォーオナー』(*3) |  ユービーアイソフト株式会社、PS4

ファークライ3 クラシックエディション』(*3)  |  ユービーアイソフト株式会社、PS4

ファークライ4』(*3) | ユービーアイソフト株式会社、PS4

Hollow Knight (ホロウナイト) 』|  Team Cherry Pty Ltd 、PS4

『Marvel’s Guardians of the Galaxy』| 株式会社スクウェア·エニックス、PS5/PS4

NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム4』| 株式会社バンダイナムコエンターテインメントPS4

NBA 2K22』|  Take-Two 、PS5/PS4

『Outer Wilds』| Annapurna Interactive、PS4

レッド・デッド・リデンプション2』| Rockstar GamesPS4

『biohazard HD Remaster』| 株式会社カプコンPS4

SOULCALIBUR VI Welcome Price!! 』| 株式会社バンダイナムコエンターテインメントPS4

『The Artful Escape』| Annapurna Interactive、PS5/PS4

『ザ クルー2』(*3) |  ユービーアイソフト株式会社、PS4

『ディビジョン』(*3) |  ユービーアイソフト株式会社、PS4

 

PlayStationBlogより引用

 

クラシックゲーム等は原文を参照してください

 

 

加入をオススメする人

 

・ゴーストオブツシマ、デスストランディングスパイダーマン未プレイの人

エルデンリング発売以前、最も評価の高かったPS系ゲーム「ゴーストオブツシマ」が入っているのはかなり大きい。ツシマ未プレイならそれだけでも入る価値はありますね。他にもビッグタイトルが多く含まれているので、このリストの中に遊びたいゲームが10本くらいあるなら、加入しても元は取れると思います。

 

・エルデンリングにはまって死にゲーを遊びたい人

BloodborneやDemon’s Soulも遊べるので、エルデンリングでフロムゲーの魅力に取り憑かれた方は、この2本を遊べるということで元は取れるでしょう。

ただしDemon’s SoulはPS5限定です。

 

・新しいソフトに興味がない人

新しいゲームを買えば当然、このリスト内のゲームを遊ぶ時間はなくなります。このライブラリー内のゲームを遊んでいれば満足という方は、かなりの確率で元は取れます。

 

加入をオススメしない人

 

・一つのゲームを長く遊ぶ人

やりこむのが好きな人。アイテムを全部集めなければ気が済まない人。僕もそのタイプなのでよくわかりますが、そういう人は必然的に一つのゲームにかける時間が増えるので、元は取れません。

 

・新作ゲームをたくさん買う人

絶対に元は取れません。積みゲーが増え、苦しむことになるでしょう

 

・もうすでにラインナップに挙げられたソフトを遊んでいる人

ゲーマー歴が長ければ長いほど、名作と言われているこれらのソフトを遊んでいる確率は高いでしょう。すでに所有している人にとっては魅力は薄いでしょうね。

 

・ゲームに費やす時間が少ない人

サブスク全般そうですが、週に1日しかゲームを遊べないという人は、絶対に元は取れません。

 

フリープレイについて

今後も継続されるPS Plusの月2本のフリープレイ。正直しょぼいと言わざるを得ないです。加入のきっかけになった月のFF7RemakeとBloodStaind以降、遊びたいソフトはありません。

 

中途半端なソフトを増やしても誰も喜びません。ソフトを作る側としては、ソフトの質が高いほどフリーで提供したくはないだろうし。たとえ無料だとしても、面白くなければ誰も遊ばない。PS Plusのフリープレイは問題が山積みなので、大きく改善した方がよいと思いますね。

 

さいごに

僕の場合は、PS Plusだけでなく、Nintendo Switch Onlineとの兼ね合いもあります。Nintendo Switch Online+に年額4900円、PS Plus Extraに年額8600円。その両方の元を取るというのは正直しんどいかなと思います。

 

任天堂ソニー、楽しいゲームを作ってくれている両巨頭へのお布施として、Nintendo Switch Online +とPs Plus Extraは払います。元は取れなくても、楽しませてもらっているのでいいかなという気持ちです。

 

今回紹介したPS Plusで遊べるようになるゲームは2022年5月18日の時点での情報です。今後も増えていくとのことなので、そちらに期待しましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。