内向的でも堂々と生きていける

主に人間関係について書きます。少しでも読んだ人が楽になれば嬉しいです。

今のところ徳井さんを叩いて得になることは何もない

徳井さんを得意気になって叩いている人間が、

徳井さん以上の収入を得ることは絶対にない

 

今僕のなかで一番旬な渾身のダジャレです。

 

僕は徳井さんを叩く側に回ろうという気持ちにはならない。

そもそもそれをやって楽しいですか?

もう十分すぎるほど社会的に制裁を受けているじゃないですか?

追徴課税も払ったんですよね。

それでいいじゃないですか。一件落着にならないですか。

 

既に叩かれている人を、自分も一緒になって叩こうという思考には違和感しかないです。それをやったら人として終わりだと僕は考えています。

 

彼の動向が自分の生活に直結するわけでもない。

真実はわからないし、ちょっとルーズだったかな?でいいじゃないですか。

それ以上の感情は湧いてこないのですが。

なぜそんなに怒る必要があるのでしょうか?

 

成功している、面白い、おまけにイケメン。

それに対する恐ろしい嫉妬があるんでしょうね。

嫉妬はShitです。ホント。

おじさんになるとダジャレしか浮かんできません。

 

すべらない話の徳井さんの猫の話。

彼の動物に対する優しさが伝わってきて僕は好きですよ。

あの気持ちまでさかのぼって否定する必要もないと思います。 

 

 

人ってたまにやらかしてしまうことがあるじゃないですか。

そういう物事に対して、厳しすぎないですか。

視野が狭すぎるし、許容量が少なすぎる。

 

税務署の人は他人に厳しくていいと思いますが、一般人がその真似をする必要ありますか?普通の人は「人にやさしく」でいいのではないでしょうか。その方が良い社会になると思います。

YOUNG AND PRETTY

YOUNG AND PRETTY

 

 

やさしくなりたい

やさしくなりたい

 

 

日本人は働きすぎ。その結果凶暴になっていると僕は常日頃から思っています。

もし働きすぎてその反動で他人に厳しくすることしかできないのなら、何かを変えるべき時なのかもしれません。

 

義務って他人を縛り付けるのに非常に都合のいい言葉なんですよ。

納税は義務かもしれませんが、人を叩くのは義務ではなく、個人の趣味ですよ。

他人に対する不寛容は何も生み出しません。生み出すとすれば過労死とかうつ病とか自殺とかそういうもの。

自分がされて嫌なことを他人にしないのは基本中の基本ではないでしょうか。

 

僕と同世代で勝手に感情移入してしまっている徳井さん。

僕もルーズな性格なのでかなりやらかしてしまいます。ガソリンスタンドのお釣り7千円を取り忘れて、スタンドの人が追いかけてきたこともあります。

もちろんルーズなことは自覚していますが、意味もなく人を攻撃するようなことはないですね。

 

またいつか帰ってきて世の中を笑顔にしてほしい。

待っている人は多いです。