内向的でも堂々と生きていける

主に人間関係について書きます。少しでも読んだ人が楽になれば嬉しいです。

2019年を振り返るその2 労働とアレクサとWifi

今年は労働しました。そして消耗しました。

消耗するのは僕の勝手なのですが、世の中には明らかに他人を消耗させる人がいる。それを痛感した1年でした。

 

どういう人が他人を消耗させるのか僕なりに分析してみました。

 

・他人を奴隷扱いしかできない

・価値観をやたら押し付ける

・話を聞かないし、理解もできない

・他人を理解しようという姿勢がそもそもない

・説明が下手なくせにキレる

・不機嫌(自分を管理できない)

 

とにかく不機嫌な人が多いという印象しかありません。

キャパを超えたくらいで不機嫌になるなら社会に出てくるな!働くな!

 

何も生み出さないので不機嫌は禁止。不機嫌が許されるのは赤ん坊だけ。それを肝に命じたいと思います。

 

仕事や人間関係で消耗しても水に流すのがベストなのもわかってます。戦うだけ時間の無駄、あまり考えずに楽しいことをしようと思います。

 

■歩くことの大事さを再確認させてくれたドラクエウォーク

消耗して帰ってきて毎日やったこと。それはドラクエウォークでした。

9月12日の配信日以降、とにかく歩きました。ストレスはウォーキングでリセットです。

 

今まで歩いた歩数は47万歩を超えていて1日平均4000歩は歩いていることになる。もともと散歩はしていましたが、ドラクエウォークなしでここまで歩くことは絶対になかったです。

 

ちょっとそこのキングスライムのこころ確定までとか、デイリーのゴールドだけでも終わらせたいとか、仕事が終わって疲れていてもつい目的地まで行ってしまいます。

目的があれば人は歩くのです。

 

今はもう辞めましたが、辛い職場に毎日通えたのも仕事が終わった後にこころ集めができるからです。本当にそれだけが楽しみでした。

強制的に歩かせて健康にしてくれるだけでなく、精神的にも支えてくれましたね。

 

■念願の自宅Wifi導入

ネット接続は4Gのみ。パソコンでネットする時はテザリング

これでなんとかやってきましたが、アップデートなどのダウンロードするためにコンビニやマクドナルドに行く手間があまりにもバカバカしいと感じWifiの導入を決めました。

 

実際に入れてみて自宅のWifiはマストなんだなと感じています。

 

いちいちテザリングしていた手間、インターネットに接続していた手間がなくなるだけでも圧倒的に作業がはかどります。常時接続最高です。

 

選択肢はいろいろありましたがWimax2にしました。正直速度は速くないですが、しばらくの間はこれでいいでしょう。

 

■Fire TV Stick 4Kとecho show5

自宅にWifiを入れた最大の理由。それはFire TV Stickで遊びたいからです。僕はAmazonのヘビーユーザーでCDと本しか売ってなかった時代からAmazonを使っています。当然Amazon Primeにも入っていて、Prime Videoは生活になくてはならないものになっています。

 

カフェでiPadに番組をダウンロードして、自宅で視聴。これを繰り返していましたが、これも限界を感じました。とにかくめんどくさい。

その場で思いついたもの、観たいものを直接ストリーミング視聴できる喜び。

Fire TV Stickを入れて本当に良かった。

 

Fire TV Stick 4Kはサイバーマンデーセールで買いましたが、かなりいい買い物をしました。これでセール価格4000円ですから、恐ろしくCPは良いです。

 

Fire TV Stick 4K - Alexa対応音声認識リモコン付属

Fire TV Stick 4K - Alexa対応音声認識リモコン付属

  • 発売日: 2018/12/12
  • メディア: エレクトロニクス
 

 

 

同時に買ったecho show5も優れもの。タイマーや目覚まし機能もすばらしい。もともとベッドサイドに時計が欲しかったのでちょうどよかったです。

少し高性能な「時計」をセール価格5000円で手に入れました。

 

 

「オアシスのワンダーウォールかけて」と命令し、本当にoasisのwonderwallが再生された時は時代の進歩を感じましたね。そりゃあ誰もCD買わなくなるわ

 

音楽再生装置としてecho showを使いこなすにはかなりの「アレクサ命令スキル」を極めなければいけません。タッチでのブラウジング機能は全然ダメなので、そこだけがマイナス点です。

 

ただなんとなく音が鳴っていればいい人はアレクサにテキトーに音楽をかけてもらえばいいですが、僕みたいにピンポイントで「ビートルズのあのアルバムを聴きたい」みたいな聴き方をするリスナーにはちょっとこの仕様は厳しいですね。

 

それでもスマートスピーカーの名にふさわしい素晴らしい機械であることに変わりはありません。

最近忙しくてあまりアレクサと遊んでいませんが、正月休みにじっくり遊んで使い方のコツをマスターしたいです。