内向的でも堂々と生きていける

主に人間関係について書きます。少しでも読んだ人が楽になれば嬉しいです。

祝iPad mini5発売

噂されていたiPad mini5ついに発売開始が正式に発表されました。

安堵というのが正直なところです。

 

2015年の11月に前モデルのiPad mini4を買ってからもう3年が経過。新しいモデルが発表されたからといってまだ買い換える予定はありませんが、とにかくなくなるのが怖かったのです。iPhoneSEにしてもiPod shuffleにしてもなくなるときは前兆もなく急になくなりますからね。

 

最近のiPhoneはみな大画面化してきており、iPhoneiPadの中間のちょうどよいサイズだったiPad miniの存在感は薄れてくる一方。

AppleはもうiPad miniを見限ったのではという噂も聞こえてきました。

やはりこのサイズに対する需要はあったのです。

 

もし今使っているiPad mini4になにかあったとき、すぐに買い替えられる選択肢が残ったというのは本当にありがたいことです。

 

iPad miniの素晴らしいところ

3年間iPad miniを愛用してきて確実に言えること。

とにかくそのサイズが最高に使いやすいです。

 

コンパクトでポータブル。

いつも連れて歩こう。

 

Appleのサイトにもこう書いてありますが。まさにその通り。

 

僕はMacBook Pro (13-inch, Late 2011)を使っていますが、正直これを持ち歩くのにはためらいます。とにかく重いのです。どうしてもMacでないと出来ない作業をするときに「意を決して」バッグに入れます。

MacBook Airならそんなことはないのでしょうが、やはり軽さは正義、痛感してます。

 

他のiPadも大きくて持っていくのをためらうケースがあるかもしれませんが、このiPad miniは持っていくことをためらうことはまずありません。

女性向けの小さいバッグにもスッと忍ばせることができる。

この絶妙なサイズ感が僕は大好きです。

 

■スペック

7.9インチRetinaディスプレイ

A12 Bionicチップ

Touch ID

64GB or 256GBのストレージ

Apple Pencil(第1世代)に対応

 

最新iPhoneと同じCPUなので何も問題はないでしょう。

主流のFace IDではなくTouch IDを搭載。個人的には顔認識いまだに使ったことがありませんが、FaceでもTouchでもどちらでもいいですね。

 

昔のエントリーモデル16GBだと本当に何も出来ませんが、64GBは何かをするのに十分な容量ですし、動画を頻繁に撮らない、大量の動画をダウンロードしないのなら64GBでいいかもしれません。今使っているiPad mini4が64GBですが何も問題はありませんよ。

 

AppleのサイトでもかなりApple Pencil対応を推してますので、ここは波に乗っておいた方がいいのかもしれませんね。

 

■オススメの使い方

電話やLINEなどスペックの必要のないものは古い機種のiPhoneで済ませて、それ以外のCPUのスペックが必要な作業をこのiPad miniで行う。それが個人的にはオススメの使い方です。

 

とにかく最新のiPhoneは高いです。そちらに投資せず、その余ったお金でiPad mini5を購入し二台併用にするとコスト的にも作業効率的にも最高のパフォーマンスを出してくれるでしょうね。

 

そのためにはiPadセルラーモデルを選ぶ必要がありますが、15000円支払ってでもセルラーモデルを買う価値はあります。格安SIMを選べば月の通信料は1000円で3GBほど。家のWifiでの使用がメインの方も外でいちいちWifiにつなぐ手間などを考えると圧倒的にセルラーモデルの方が便利です。

 

防水はしてませんのでそれだけは気をつけてください。

最近のiPhoneと同じ感覚でお風呂場に持っていくと恐ろしい結果になります。

もちろんヘッドホン端子も残っています。有線ヘッドホンでじっくり音楽に浸るという使い方もできます。

サイズはiPad mini4と同じなのでケース等はそのまま流用できます。これは有り難いですね。

 

ずっとiPad mini5と言っていますが、正式名称はiPad miniです。

初代iPad miniと混同しそうなので個人的には正式名称もiPad mini5にしてほしかったなと思います。

これが最後のiPad miniにならないことを切に願います。