内向的でも堂々と生きていける

主に人間関係や楽な働き方について書きます。少しでも読んだ人が楽になれば嬉しいです。

星ドラ カンダタよ、許してくれ

モンスター闘技場の第4回バトリア杯、開催8日目で24勝になりました。

1日3戦しかできないので今のところパーフェクトです。

本来なら喜ぶことなのですが、全然嬉しくない。

 

対戦相手のマッチングが明らかにおかしいですよね。

前回までは勝利数を重ねるごとに、対戦相手が強くなってきて15勝を超えたあたりからは、相手のモンスターのLvが全て30なのはあたりまえでした。対戦相手は3人から選べるのですが、強さのレベルが拮抗していてどれを選んでも勝てる気がしない。だからこそ勝利がうれしかった。

 

24戦の今、相手は平均するとLv20くらいでしょうか?

簡単に勝てそうな相手が必ず1人はいるのでその人と対戦さえすれば必ず勝てる。前回までの緊張感はありませんね。

 

対戦相手の欄に24勝/24戦などと表示されていますが、勝利を重ねてきた指標でもある「いいね」の数は35だったりします。

 

草野球の全勝チームと、プロ野球の全勝チームを「全勝」という勝率だけで同じ土俵で戦わせている。そんな感じですね。

もしかするとこの先急に対戦相手が強くなる可能性もありますが、仮に全勝できたとしてもあまり意味はないような気がしています。

何も情報がなかった第1回に全勝できた人が一番すごいと個人的には思いますね。

 

■育成システムの問題点

バトルロードではトンブレロ、カンダタが活躍してますね。

トンブレロが幻惑

カンダタが転倒+すばやさダウン、ピンチにCT減少

何もできずにやられることが多くなったので、カケラチャレンジ用の戦場をアリーナBにランクダウンしました。

 

この2体の怒涛の進撃で、一世風靡した「夢導のまなざし」も影が薄くなったような気がします。

3/1に登場したカンダタ。早い人だとそろそろLv30を迎えるころですね。うちは完全に育成に失敗しました。100枚のメダルを使って「これはないよ~」と思える惨状です。

 

カンダタは明らかにちからゴリ押しのアタッカーなので、ちから修練を選択しましたが、Lv10の時点でちからボーナスが+4のみ。内訳は+2が2回でした。

もちろんちからボーナスが+50になれば勝率が大幅にあがりますので、それを狙っていましたがもうこの時点で諦めました。

 

ちからの修練で上がるステータスは

 

ちから

すばやさ

さいだいHP

こうげき魔力

 

この4つの中からランダムで選ばれます。

呪文を使えないキャラでもこうげき魔力が上がる仕様です。

この時点で問題があるのですが、100歩譲ってそれは仕方ないとしても

 

ちからの上がり方が

+2、+3、+4、+5と4パターンもあるのです。

これが一番の問題です。

すばやさ、さいだいHP、こうげき魔力は+3で固定のようです。

 

ちからを上げたいのに、上がらない。

さらに上がったとしてもわずか2しか上がらない場合がある。

なんでそんな意地悪する必要があるの。

 

ミスチルのコンサートに行ったのに、毎回スピッツが出てくる。

たまにミスチルに遭遇することもあるが、メンバーは揃っていない。

例えればそんな感じでしょうか。

 

闘技場実装以来、このレベル上げでは本当に消耗しました。

ほとんどのモンスターに対して感情を無にしておまかせ修練しています。

たまに強烈なアタッカーが現れた時のみこうしてちから修練をするのですが、ちからだけが上がって欲しいキャラクター、呪文を使えないキャラクターに限ってこうげき魔力が上がったりするのです。

 

先日闘技場に対するアンケートもあったのでここの改善をお願いしました。

ただでさえ運要素が強い闘技場に運要素を入れすぎて、どうしようもなくなっている。くじ引きのくじの中にハズレを入れすぎたのです。

バトルそのもので負けるのは全然いいんですよ。戦いが始まる前に負けてしまっているのが最大の問題。

 

ドラクエの楽しみはレベルが上がって強くなること

レベル上げって本来楽しいもの。ドラクエってそのレベル上げを楽しむゲーム。

そこにストレスを強烈に感じている時点で何かがおかしい。

このままだと闘技場に未来はないと強烈に思います。

 

ドラクエ8のスキル振り分けシステム。あれと同じようにしたらいいのでは。

 

ザオリクマダンテ地這い大蛇の全てを得たい者は、ぱふぱふを諦めなければいけない。みんな納得してぱふぱふを諦めたと思いますよ。

 

何かを得た場合、何かを得ることができない。

それをうまく運要素と絡めればうまくいくのではないでしょうか。