内向的でも生きていけるはず

主に人間関係について書きます。少しでも読んだ人が楽になれば嬉しいです。

星ドラ 黄金竜・ルビス装備錬金・覚醒の法則

f:id:tonycat:20190103222555j:plain

FFRKコラボ終了まで残り1日を切って最後のクリスタル回収作業に勤しんでいます。

アイテムはほぼ集め終わっており、ももんやトレイの500P獲得が主目的。イベント装備を100個集めることに比べると、はるかに楽。ここで集めておけばいつかの武器進化玉につながるでしょう。

今回のFFRKイベントは紋章集めという名目で激しく周回することはなかったですが、結局ほとんど全部の紋章が集まりましたね。

カオスのギガ伝は挑戦すらしなかった、報酬がクリスタルのみだったからかな。

イベントが終わるのはやっぱり寂しいものです。

 

■錬金は最高の錬金術

去年の10月にルビス武器、今年1月に黄金竜武器が覚醒しました。

全ての武器が格段に強くなるので僕も早く覚醒させたいところですが、完凸に届きそうな装備が今のところ1つもありません。残念です。

覚醒と同時に錬金も追加されたのですが、1つの法則があります。

 

錬金で必ず新しい抜き出し用スキルが1つ追加されるということです。

 

ルビスの剣 ルビスの雷撃(攻撃特技A)

ルビスの弓 ベホマ(補助呪文S)

黄金竜の槌 神撃の祈り(補助特技A)

f:id:tonycat:20190101031415j:plain

黄金竜のムチ 黄竜螺旋撃(補助特技S)

f:id:tonycat:20190101031419j:plain

現時点で完凸させている人は何の苦労もなく覚醒させることが可能です。その人たちは今後その武器の含まれているガチャを引く動機がありませんが、この錬金追加スキルが完凸している人たちを強烈に引きつけます。

 

例えば今回黄金竜のムチ完凸を既に持っていて、覚醒させる。補助特技Sのスロットが新たに追加されそこにセットするスキル、黄竜螺旋撃を手に入れるためにまたガチャを回す。そこにはお金や儲けが発生する。錬金追加スキルの本当の狙いはそれです。

黄金竜の槌も同じ、覚醒させると攻撃スキルSをセットできるようになり、もう一つ黄金竜の槌が必要になる。本当に上手く出来てます。

 

錬金ってそういうもの。すでに持っている人、完凸している人に再びガチャを引いてもらうための手段。それで会社は利益を出すのです。ユーザーも強くなって嬉しいので理想的なWin-Winの関係ということになります。

 

錬金・覚醒が実装されるまでは完凸すればその時点でその武器は完成でした。それ以降出た同じ武器は売った人も多かったのではないでしょうか。今後はそれができなくなります。よっぽどのことがない限り、安易にももんやPに交換するのはやめた方がよさそうです。

 

■未来の錬金スキル抜き出し用を確保せよ

現在覚醒・錬金を控えているルビス・黄金竜装備は残り8種類。

間違いなく錬金で新しいスキルが追加されます。例外はないはずです。

 

例えば既に黄金竜のオノ2凸を持っていて、今回のガチャで2つ手に入れた。

さてどうしましょうか。選択肢は3つ。

 

1 迷わず凸って完凸を完成させる

2 1つスキルを抜き出し、1回凸って3凸にする

3 1回だけ凸って3凸にし、もう1つは倉庫番

 

僕は3をオススメします。

急ぎの予定がありどうしても完凸を作って、ジバリア特攻したいのならば進化玉を2つ投入すべきでしょう。

 

黄金竜のオノはスキル構成が3凸と4凸で同じ、違うのは攻撃力だけなので3凸で保留しておくというのも手だと思います。黄金竜のヤリ、ルビスのこん、ルビスの短剣も同じ、最近の武器は親切ですね。

錬金がいつになるかわかりませんが、倉庫に一個あるという安心感は絶大なものです

。いつか錬金が実装された時に黄金竜のオノ目的でガチャを引かなくていいのです。

 

錬金が実装され新しいスキルが追加された。その時、慌ててガチャを引いてもそういう時に限って出ない。そしてそれを再び手に入れるのが一年後だったりすることは本当によくあることです。

 

排出率が高いので完凸を作りやすいルビス・黄金竜装備。完凸覚醒は魅力的ですが、あせらず慎重な判断が要求されます。一度砕いたり、凸ったりした武器は決して元に戻りません。

武器進化玉は時間が経てば手に入るが、貴重な武器は再びガチャに戦いを挑まなければいけない。この違いが大きいのです。

 

ルビス・黄金竜武器を育てる時に重要なこと

完凸する前にかならず錬金抜き出し用を1つ確保する

 

これからも続々とルビス・黄金竜装備が覚醒・錬金されます。

あとで後悔しないためにもこれを徹底した方がいいと僕は思います。

 

明日からはようやく新イベントの発掘作業を開始できます。

いんせき発掘マップ 2019をはやいとこコンプリートしたいですね。