内向的でも堂々と生きていける

主に人間関係について書きます。少しでも読んだ人が楽になれば嬉しいです。

批判を口に出さなくなれば間違いなく人生は変わるが、ほとんどの人はそれができずに人生を終える

突然ですが、こんなことを言われたとします。

「今日一日、誰の悪口も言わなかったら10000円報酬として差し上げます」

 

絶対に言いませんよね。

悪口さえ言わなければお金がもらえるんですから。こんな楽なことはありません。

 

紙幣としての10000円をくれる人が周りにいないだけで、人の批判を口にしないということは本当に10000円の価値があることなのです。

人によっては人の批判を口にしないことで10000円以上の価値を生み出すこともあります。

つまり誰かの悪口を言わないことで人は無意識のうちに10000円以上の価値を生み出しているのです。それに気づくか、気付かないかだけの話です。

 

1万円あげたい人と絶対にあげなくない人

常に社会批判ばかりしているおじさん。

必ず煽り運転して来る人。

話しかければ必ずこちらの服装や髪型などをけなす人。

いますよね。

 

どう考えてもこういう人は感じ悪いじゃないですか。

こんな人に1万円あげたいと思いませんよね。それが人としての当然の心理です。

 

いつも感じ良くて、本当に裏表のない人。

人の悪口を一切口にしない人。

とにかく笑顔の素敵な人。

褒めて伸ばそうとしてくれる人。

嘘偽りのないポジティブな一緒にいるだけで元気になる人。

そんな10000円あげても何の悔いもない人がたまにいますよね。

 

この差ですよ。

 

批判ばかりする人はあらゆる面において不利になります。

ハンディキャップを背負ったまま人生全ての戦いに挑むことになります。

 

昔、蕎麦屋で働いていた時に、

「おたくのまずいカツ丼1つ配達してくれる?」という電話注文をしてくる無礼極まりない人がいましたが、その人の美容室はすぐに潰れました。当たり前ですよ。

 

■誰にでもできる簡単なことに価値はない

なぜ批判がダメかっていうと、それは誰もが簡単に思いつくことだからです。

練りに練った知恵や努力の結晶ではなく、その瞬間ぱっと生まれたにすぎないただの感情だからです。

 

例えば今流行っている人気の漫画「鬼滅の刃」、あなたにそれと同程度の漫画を生み出す力がありますか?多分ありませんよね。もちろん僕にもありません。

 

批判は誰にでも簡単にできます。「オモシロクナクネ」ただそれを言うだけで完結します。昔なら個人が勝手に思うだけでしたが、今はネットで同類を集めるからタチが悪い。

 

当然何の価値も生み出していません。なぜ価値を生み出さないか。

繰り返しになりますが、誰にでも出来るからです。

 

イチローと同じだけヒットを生み出すことは誰にもできないが、同じだけ三振するなら僕にでもできる。そんな誰にでもできることに価値はありません。

イチローと同じだけ打席に立ったらそれはある意味すごいですけど・・・)

 

批判に時間を費やすのがいかに無駄なことかわかってもらえたと思います。

批判したくなる気持ちは必ず生まれます。それはどうしようもない。それを口に出すかどうかは全て自分次第。

歯を食いしばって押さえ込み、そのエネルギーを生産性のあることに変換してしまいましょう。

なかなかうまくいきませんが、僕はそうしています。日々葛藤です。

 

■批判をする最もだめな理由それは価値のない人を呼び寄せてしまうから

類は友を呼ぶという言葉があります。

批判ばかりしている人のところには批判ばかりする人間が集まります。

信じられないことに一晩じゅう誰かの批判を繰り返し、気持ちよくなって帰っていきます。何も生み出していないことには気付かずただ自分の感情を吐露するだけです。

当然人生はポジティブな方向には変わらないので永遠に批判を繰り返すことになります。

 

こんな集会には絶対に参加してはいけません。それを何十年も繰り返すと恐ろしいことになります。

「あーこの人絶対に楽しくなさそうだな」と感じずにはいられないダークオーラに身を包んだおじさんがあなたの周りにもいるでしょう?

 

あなたの参加しようとしている集会は大丈夫ですか?

所属している集団は大丈夫ですか?

誰かの批判ばかりしている人いませんか?

その人と一緒にいて本当に楽しいですか?

その人に10000円あげてもいいという気持ちになれますか?

集まるなら10000円あげても悔いのない人だけと集まりましょう。

 

僕が人と話さなくなった理由。集会に行かなくなった理由。それはほとんどの人が人の悪口しか言わないからです。悪口じゃなかったとしても誰かの噂話なんですね。退屈極まりない。

「そんな話題しかないなら、話すのやめません?」直接は言いませんが、僕はそういう考え方なので人と話すことはほぼなくなりました。それでも楽しく生きています。

今も膝の上で猫が寝ており幸せです。足を伸ばすともう1匹の猫がコタツの中で寝てます。

 

簡単にまとめましょう

1 批判しないということは少なく見積もっても日給10000円の価値がある

2 批判は誰にでもできる。故に価値はない

3 もしも批判するならそれ以上に価値のあることで上書きすること

4 批判を続けると批判が好きな人が集まるので人生はますます変わらない

5 批判をしないことで、生産的なことに費やす時間が生まれる

 

本当に劇的に変わりますので是非実践してみてください。