内向的でも堂々と生きていける

主に人間関係について書きます。少しでも読んだ人が楽になれば嬉しいです。

ここにはアホしかいないと叫んだ瞬間、人は同じレベルのアホになる

Appストアのランキングでトップになっているアプリがあって、どんなアプリなのかレビューを見てみたんですよ。

罵り合いと罵詈雑言の嵐。

「俺様が正しい、お前らはみな間違っている。」

「オレ以外みんなアホ」

「ここにはアホしかいない」

 

ここは自分の価値観を押し付ける場所じゃないだろ。

参考にしようと思った自分が間違っていました。まともなレビューを探す気は失せました。ゲームに限らずレビューなんてたいていどこへいってもこれです。

1割くらいのまともなレビュー以外は全て文句か悪口。いらつくコメントに反応せずにはいられないんでしょうね。

 

匿名で罵詈雑言を浴びせかけても、最終的には自分が損をするようにできています。

汚い言葉が脳内で生まれた瞬間、何かポジティブなモノが代わりに死んでいるのです。

 

■ダークサイドに堕ちる瞬間

「ここにはアホしかいない」

 

よく聞く言葉ですね。簡単に自分を正当化できる便利な言葉です。

ここにはアホしかいないという書き込みを見て思ったのは、「お前も同類だろう」ということ。アホしかいないと書き込んでいる時点であまり賢そうじゃない。

 

ここにはアホしかいないと書き込んだ瞬間、確実に自分も同じレベルに成り下がってしまうのです。

思うのは自由なのです。アホしかいないと思いたければ思えばいい。

アホしかいないと感じる、それこそがアホなコミュニティに自分が所属しているという証拠。自分がアホでなければ黙って立ち去ればいいのですよ。

 

GWの大渋滞、駅も長蛇の列、どこへ行っても待たされる。

「なんでこんなに人がいるんだよ」って不機嫌になっている人が毎年必ずいますが、街に出てくるからですよ。混むのはわかっていること。文句言うくらいなら家でマリオカートやってたほうがよっぽど健康的。

 

文句を言うのは一番簡単なのですが、簡単であるが故に何も生み出しません。

不平不満を言い続ける人は、何も生み出さないことを何とも思わない人なのでしょう。

 

結局アプリはインストールしませんでした。

なんだか萎えてしまって。

一握りの声の大きい人が、楽しい場所をつまらない場所にしている。

残念ながら対処方法はなく、黙って立ち去るしかないのです。

 

新しく買ったiPhone

誰かの悪口を打ち込む用途にだけは使いたくないですね。

ダークサイドへの入り口を封じ込められるのは結局自分だけなんですよ。