内向的でも堂々と生きていける

主に人間関係について書きます。少しでも読んだ人が楽になれば嬉しいです。

DQB2 破壊天体シドー編その1 シドーのこんぼう

ネタバレありにつき、未プレイの方はご注意ください。

 

ついに最終章までやってきました。

ずっと様子がおかしかったシドーくん、その救出のための最後の戦いです。

 

暗黒の渦に飛び込んで破壊天体に向かうのですが、その前に仲間と話しかけるシーンがとても良かった。ここにビルダーズ2の良さが全て詰まっている気がします。

 

どうせハーゴンとかまぼろしとか

アナタにとってはどうでもいいんでしょ?

・・・ただシドーを助けたい ちがう?

 ペロちゃんいいこと言う。

 

いいこと?あなたとシドーは一生ルルのどれいとして

ルル王国ではたらいてもらうんだから!!

あなたたちがいないからっぽ島なんてつまらない。

ぜったいにぜったいに帰ってくるのよ!

いってらっしゃい。

ルルもみんなもあなたとシドーのことまってるわ。

 この島のリーダーとしてみんなを引っ張ってきたルルちゃん。実に彼女らしい激励の仕方で株がさらに上がりました。

 

こんな人間味溢れたキャラたちが登場するからこそこのゲームは面白い。確信しました。ただ建築するだけでなく、誰かのために建築する。

「このキャラのために素敵な部屋を作ってあげよう」

その想いがこのビルダーズ2というゲームを永遠に遊べるゲームにしているのかもしれません。

 

■こんぼうというシンプルな武器に込められた想い

破壊天体に着いたシドーは暗闇の中を進みます。

ハーゴンの幻に惑わされてしまい、破壊神シドーへと目覚めてしまう。

「助けてくれ」とついに弱音を吐くシドーくん。

 

そして破壊天体シドー編のオープニング。そしてBGMはドラクエ3の名曲「おおぞらをとぶ」です。この曲がこの章の世界観にめちゃくちゃマッチしています。

導入部分が神がかっていて一気に引き込まれていきました。

 

この世界に到着してまず感じたことは、色とかブロックの組み合わせだけで「破滅に近づきつつある世界」をかなり明確に表現できているということ。

ところどころに浮いている石のかたまり、底の見えない暗闇。このセンスと表現力は本当に素晴らしいです。最後まで感心させられっぱなしです。

 

奴隷船で魔物たちに囲まれてスタートしたビルダーズ2。やはり最終章でも魔物たちに囲まれることになります。この魔物たちの見た目の可愛さもビルダーズの魅力。これがファイナルファンタジーの魔物みたいなリアル系だったらこうはならないと思います。

 

この章では魔物たちを助け、そして助けられながら進んでいきます。

キラーマシンの廃棄場。ここの雰囲気も良かった。

キラーGのGがじいさんのGという設定には笑いました。こういう遊び心も大好きです。

ベビル、グレムリンハーゴンの騎士、キラーマシンなどなど、ドラクエ2で初登場したモンスターたちが活躍するのがたまりません。 

 

この世界での拠点にたどり着いたときにシドーのこんぼうを発見します。

 

お?あたらしい武器を作ってくれたのか?

ハッハッハ!悪くない!

だがオマエが最初にくれたこのこんぼうは

このままもらっておくぜ。

オレはコイツが気に入ってるんだ。

オマエがはじめて作ってくれた武器だしな!

 はやく彼を助けたい。それだけです。