内向型の逆襲

心穏やかな生活を手に入れるために

パソコンデビューして20年。ネットは人を幸せにしたのか?その9

前回の続きです。

 

2018年 ブログを本気で書き始めるおっさん

この年、noteとhatenaブログを開始しました。

SNSに力を入れない代わりに、面白い記事を書き、文章力を磨こう。そんな想いがあって3年間で結構な数の記事を書いてきました。

 

毎日更新も2年以上続けました。今は止めましたが、2年連続更新することで見えたこともあります。長く読まれる記事は、2年連続更新とはあまり関係ないというのが僕の中での結論です。

 

アクセス数やいいねの数がどうとかよりも、記事を書く上で大切な「書くべき情報の取捨選択」や「人を不快にしない言葉遣いや言い回し」などを勉強できたことは大きな財産です。

 

これからも面白いことをなるべくわかりやすく書くため精進していきます。

 

ちなみに、文章の作成はMaciOS版のPagesという文書作成アプリを使っています。思いついた時に記事を執筆&編集するので、データがMaciPad miniを行ったり来たりします。

 

こういう場合は、iCloudでデータを共有できるのが便利で、めちゃくちゃ助かっています。テキストのファイルは軽いので特に相性が良いです。SDカードやUSBメモリには戻れませんね。

 

2021年 炎上していないのに全てのSNSアカウントを閉じるおっさん

2021年の4月にずっと放置していたインスタのアカウントを削除しました。

 

これをきっかけに削除可能なSNS系のネットサービスは全てアカウント削除しました。自分の楽曲がアップされていようが関係ない。とにかく削除&解約しました。

 

かなり大規模なネット断捨離して、すごくスッキリしました。僕が炎上したことはありませんが、炎上騒動に疲れたのもその理由の一つです。

 

SNSを止めただけでなく、全ての通知をオフにしました。僕は意志の弱い人間なので、感情をコントロールするのではなく、原因を排除することしかできません。

 

SNSをやめて通知をオフにする

 

その結果どうなるか、目の前のやるべきことに集中できるようになります。

意志の弱い人間が人生を良い方向に変えるには、これしかないというのが僕の中での結論です。

 

インターネットも僕が始めた20年前とは状況が激変しています。

 

・再生数・フォロワー数至上主義の蔓延

・マウンティングを取る人多すぎ問題

・「はい、論破~」の人増えすぎ問題

・お金稼ぎたい人増えすぎ問題

・人の醜い感情垂れ流しすぎ問題

 

今となってはTVを見なくなったのと同じ理由で、ネット(SNS)も見なくなっています。そんなに熱を上げていませんでしたが、Youtubeを視聴することにも冷めてきました。原因は上記のとおりです。

 

2021年8月だけでもかなりの炎上がありました。あの人たちほど影響力がなくても、同じようなこと言っている人はたくさんいますよ。ただ視聴者数や購読者数が少ないから炎上してないだけ。人を不快にしていることに気づいているのでしょうか?

 

自分の意見を正当化するために、他人を攻撃するしか方法がない。無能・低脳・底辺・オワコンそんなネガティブな言葉ばかりが並んでいて、それを見ていると本当に気が滅入るし、距離を置かないとメンタルやられます。

 

僕みたいな考え方や性格の人間にとって、SNSはかなり相性が悪く、アカウントを閉じたのは正解だったと思います。