内向的でも堂々と生きていける

主に人間関係や楽な働き方について書きます。少しでも読んだ人が楽になれば嬉しいです。

星ドラ ダイ剣覚醒と生放送についての感想

来るのではないかと言われていたダイの剣の覚醒が発表されました。

早速みていきましょう。

 

■ダイのつるぎ・覚醒 こうげき力200 こうげき魔力+30

とくせい:竜の騎士の加護

攻撃呪文ダメージ15%減

 

メインスキル:竜魔人ドルオーラ

省略

 

追加メインスキル:超越ギガストラッシュ

威力500%のデイン属性攻撃

対象:敵全体

30%の確率で威力600%のデイン属性追加攻撃

対象:敵1体

CT:15秒

 

超越効果

追加CT:8秒

効果を追加 追加攻撃が必ず発生するようになる

攻撃後に自分のみの攻撃力が20%上がる

攻撃後に自分のみの攻撃呪文のダメージが20%上がる

 

23秒で1100%のデイン属性攻撃は超魅力的。

カットインも短めにしてくれているのもありがたいです。

 

超級職や現在の装備が強すぎて、伝説級やギガ伝説級だとほとんどの敵がオーバーキル状態。致死ダメージの2000から3000越えが当たり前の現状で、これだけの超高火力にどれだけの需要があるのかは謎。

 

攻撃力が上がっていない状態の超越ギガストラッシュが23秒で1100% 

攻撃力が一段階上がった状態でのギガクラッシュが18秒で882% 

個人的にはギガクラッシュでも全然いいです。

 

デイン1100%が本当に必要なケースはかなり限られていて、デインばつぐんの魔王級だったり、こだまでゲージを一気に抜き去りたいときくらい。

 

ただ超越スキルなので超越コンボに参加可能になる点は大きい。そこが最大の魅力。

15秒で全体500%のデイン属性攻撃だけでも十分強いので、それだけでもSスキルとしての価値はあります。

 

完凸時サブスロット構成

補助特技A/補助呪文A

攻撃特技S

攻撃特技A

補助特技A

 

器としてはイマイチです。攻撃魔力+30がついているのに、サブスキルに攻撃呪文をセットすることができないのは痛いです。攻撃呪文のダメージを40%上げた状態でのドルオーラでどれだけのダメージが出るのかはわかりませんが、属性付きの魔法連斬も出来ない星騎士仕様の剣に今のところ需要はありません。

 

攻撃呪文ダメージ常時15%カットが高難易度で生きてくるのは確実ですが、それ以外にこの剣を器として使う理由が見当たりません。命竜刀が強すぎるっていうのもあります。

 

元々のギガストラッシュが超優秀なスキルだったので、抜き出した人はかなり多く完凸している人もほとんど見かけません。

その状況の中覚醒させるまで(5本出るまで)ガチャを引く人がどれくらいいるのか。分母が大幅に減っている中でのこのダイ剣覚醒に重課金する人がどれくらいいるのか。かなり厳しいような気がします。

 

初心者の方にはこれから錬金の可能性のある勇者の剣や命竜刀をオススメします。

 

■闘気の剣 完凸時攻撃力180

とくせい:闘気の力

戦闘開始時に守備力を20%上げる

 

メインスキル:ノーザン・グランブレード

威力700%のイオ属性攻撃

30%で光陣を付与する

光陣はスキルで与えるイオ属性のダメージを一度だけ1.5倍にする

対象:敵1体

CT:18秒

 

初登場イオ属性の陣、光陣。これですべての陣が出揃いましたね。

このスキルのよいところはすべての武器にセットできることです。イオ特化攻撃=命竜刀になっているので他の武器にセットすることはほとんどなさそうですが、ルビスのこん・

覚醒をイオ特化することも可能です。

18秒で700%は普通に強いので良いスキルだと思います。

 

ダークマターが強すぎて、わざわざこれをセットするケースも少なそうですが、使いわけが必要なケースは必ずあるので一つ持っているとさらに命竜刀の価値が上がりますね。

 

完凸時サブスロット構成

攻撃特技S/補助特技S

攻撃特技A/攻撃呪文A

補助特技A

攻撃特技A

 

器としてはコラボ装備の最強クラスです。

攻撃特技、補助特技どちらのSもセットできるのは心強いです。

 

戦闘開始時に守備力が20%上がるので、守備寄りの戦い方をしたい時に重宝します。見た目もかっこいいので余裕のある人は進化玉を入れての完凸もありだと思います。

 

僕は命竜刀を持っていませんが、ステップアップの確率次第でこの武器を狙うかもしれません。

 

■人前に出るなら、まずは人の心というものを勉強すべき

今回この覚醒が発表された生放送のアーカイブを見ました。個人的な意見ですが、なんともモヤモヤする動画でしたね。

 

ソシャゲでの新装備発表は新作発表のようなもの。人をワクワクさせる必要があるのに、ワクワクを感じなかった。厳しいことを言うようですが、適正がない人を生放送に使わないほうがいいです。編集の効かない生放送は危険です。

 

これは星ドラだけでなくYoutubeに対しても感じていることですが、しゃべりが上手でなかったり、間が悪いなら生放送なんか絶対にしない方がいいです。どうしてもしたいなら努力してその技術を磨く必要があります。舞台に立つってそういうことですよ。

 

テキストなら15分で済む内容を2人で雑談を交えて2時間かけて話す必要ありますか?

視聴者はそれに耐えてくれるほど暇じゃないです。

気持ちなんか汲んでくれません。画面に映っている態度が全てです。あの視聴者数でGood 342 Bad 106って相当ひどい数字ですよ。

 

冒頭でネガティブコメントを拾い上げて、弁護士がどうとかやってましたね。

あれは究極の無駄です。

 

なんだかんだ言って、ほとんどの人は荒らしとは無縁の弁護士なんか関係ない善良な人々。楽しく見ていたいだけの人たちです。一割もいない、ごく一部のネガティブな人々に警告するためにネガティブコメントをわざわざ拾い上げる。全くその意味がわかりませんでした。

 

来るってわかっているネガティブコメントをわざわざ拾い上げて反応する。

コメント欄なんか解放するからそんなことになるんですよ。入り口があったら入ってきますよ。

 

ヤンキーの集会に出向いて、「君たちちゃんとしなさいよ」って言っても言うこと聞かないですよね。火に油を注ぐだけ。

アンチコメントに反応するってそういうことなんですよ。

やりとりそのものが無駄なんです。

 

ニンテンドーなんてコメントを最初からオフにしていますよね。作品を守るってそういうことなんです。それでいいんですよ。

 

(新作発表の見本のような動画。めちゃくちゃワクワクしました)

 

自分たちの世界観があるなら、それを守らなければいけません。

安易にファン(アンチ)と交流しても何も生み出せませんよ。

 

実際、最初にネガティブなコメントと接したせいで、ネガティブな表情になってしまっていましたね。人はどうしてもネガティブな空気には抗えないのです。それなりの訓練を積んでいない限り、そちらの世界に引きずり込まれてしまいます。マイナスのエネルギーをプラスに変えるのって大変なんですよ。

だから最初からそういうのに接しちゃダメです。

 

人には心というものがあるので、明らかに向いてない人がYoutubeやってもBadの数字が増えるだけです。

 

自分たちの世界観や守りたいものがあるなら、コンテンツを磨きコメント欄はオフに。

安易な交流は何も生み出しません。

僕が思っていることはそれだけです。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。