内向的でも堂々と生きていける

主に人間関係について書きます。少しでも読んだ人が楽になれば嬉しいです。

星ドラ 決して弱くはない、神様チャレンジ裏五段ラプソーン用装備

神様チャレンジ、ギリギリまで挑戦を続けるつもりです。

今回は集中力が続くなぁと我ながら感心していますが、その最大の理由はレベルを全て上げきっているからだと思います。超級職はもちろん、上級職転生3も全てLv99です。

「レベル上げなきゃ」っていう逃げ場がないから、もうやるしかないんですよね。

レベル上げというノルマが完全になくなって、その分のエネルギーを神さまチャレンジに費やせます。

 

「このご時世、表九段神さまなんか誰でも倒せるよ」

自分が倒した敵を楽勝扱いする。これは神チャレあるある。

人は苦労を忘れる生き物です。

 

ラプソーンくらい楽勝っしょ」「殴っとけば倒せるよ」猛者はこういうことを言いますが、それは装備が整っているから言える事。ギリギリの装備で挑む多くの人にとってはクリアした人の装備構成を研究することが勝利につながります。僕もそうしてきました。

 

というわけで今回はラプソーン撃破時の装備を、次回挑戦する勇者のために記録しておきます。何かのヒントになれば幸いです。

 

■神様チャレンジ裏五段ラプソーン撃破時の装備(2020.07.27)

必要な耐性 イオ・攻撃呪文・やすみ・混乱・闇ブレス・炎ブレス・氷ブレス・メラ

条件 攻撃呪文・補助特技・道具の覚醒

※武器のメインスキルは固定なので省略しています。

 

取るべき耐性が多いので何かを捨てなければいけません。

アルバナムボディx3戦法を採用したので、やすみと混乱の耐性は捨てています。

やすみは食べ物のみ、混乱はアイテムと天地雷鳴士のカカロンで解除。

 

パーティー構成はいつものブレイブナイト・宇宙海賊・天地雷鳴士+助っ人

 

●ブレイブナイトLv99

黄金竜の槌・覚醒

希望の一撃

命竜の鉄槌

希望の一撃

神撃の祈り

 

ブレイブリンクはひととおりセットしましたが、メイン武器のスキルだけで足りたので使う事はなかったですね。

 

はぐメタのかぶと(イオ・闇ブレス)

命竜のころも上2凸

天空のよろい下★完凸(攻撃呪文・氷ブレス)

はぐメタの盾★完凸(呪文無効)

パワーリスト(ちから+17)

ふはつのたま(イオ)

 

いちおう呪文無効盾を用意しましたが、使いませんでした。

ここはローズクイーンシールドでも良いと思います。

 

教え

ちから+中

やすみガード+弱

 

紋章

闇ブレス21%・5%

 

●宇宙海賊Lv99

ルビスのこん・覚醒

神鉄

ルビスの極玉

神鉄

闘神らんげき

 

海賊の得意武器ではありませんが、イオ属性攻撃+すばやさアップのメインスキルが強力なのでルビスのこんを採用。すばやさが上がれば舟歌も早く歌えます。

ここはダメージよりもすばやさを優先しました。

 

はぐメタのかぶと(イオ・闇ブレス)

命竜のころも上

命竜のころも下(ブレス)

ローズクイーンシールド★1凸(呪文無効)

暗黒大樹の葉(イオ・氷ブレス)

ラプソーンのまもり(イオ・ブレス)

 

教え

やすみガード+弱

ブレス軽減・弱

 

紋章

闇ブレス21%・5%

 

天地雷鳴士Lv99

ルビスのおうぎ

ベホマラー

ベホマラー

聖王のまい

 

ここはこのスキルがほぼ固定になりつつあります。

 

はぐメタのかぶと(イオ・闇ブレス)

命竜のころも上

命竜のころも下(ブレス)

ローズクイーンシールド★1凸(呪文無効)

暗黒大樹の葉(イオ・氷ブレス)

命竜のまもり(イオ・闇ブレス)

 

教え

ときどきとつげきの歌

ときどきピオラ

 

紋章

闇ブレス21%・5%

 

時空術士がこだまするピオラの人だとするなら、天地雷鳴士はときどきとつげきの歌の人。発動すれば一気に戦局が変わるありがたい教えが登場してくれました。もうこれなくして高難易度は戦えません。

 

●助っ人

命竜刀に抜刀斬2積みが理想ですが、自分たちの火力が足りていれば補助をもう一人入れても大丈夫です。

 

●食べ物

マーボー丼(やすみ耐性60%・ちから+20)

イオ耐性が弱ければチンジャオロース(ちから+20・イオ属性ダメージ20%減)

 

●道具

天使のなみだ

特やくそう

精霊樹の果実

せかいじゅのしずく

 

必ず誰かが混乱するので混乱解除のアイテムは必須。

 

●手順

ラプソーンはゲージをまたげばスキルがリセットされるので前半の2回は時間をかけずにサクサクまたぐことが重要。

 

そこから先、後半の2回のゲージまたぎは要注意。

ゲージ変化攻撃「暗黒彗星」は最大HPの3/4という強烈なダメージの一撃なので、

ゲージを跨ぐ時は最低でもHP450は欲しいところです。

 

跨ぐのを待っている間に、聖王のまいや舟歌をかけておくとそのあとが楽になります。

 

ミッションの中にノーデスがあるので、世界樹のしずく投入のタイミングが重要です。

暗黒彗星のあとにしずくを入れる隙間が用意されているのでそこは必ず入れる。積極的にしずくを入れるとベホマラーを別のスキルに回せるので結果として勝率は上がります。

 

後半2回のゲージまたぎは慎重に、全体的にすばやく攻める。

やや前のめりになりつつも、HPの管理を怠らない。

そうすればミッションも達成できます。

 

イガロスに比べれば事故死は少ないです。

ラプソーン初登場時は伝説級でも苦戦した思い出がありますが、もう超級職が強すぎてギガ伝すら一人で倒せるようになりました。この2年での恐ろしいインフレを感じることのできるボスでした。

 

神様チャレンジも残り2日、合計で6回しかチャレンジの機会はありません。

この記事を書き終えたら本日分の3回を使って裏七段のミルドラースに再挑戦します。