内向的でも堂々と生きていける

主に人間関係について書きます。少しでも読んだ人が楽になれば嬉しいです。

DQB2 そざい島探索編その1 ジメジメ島

ネタバレありにつき、未プレイの方はご注意ください。

 

素材島の探索が始まりました。最初に訪れたのはジメジメ島。

ネーミングからしてワンピース感がすごいので、悪魔の実とかも落ちてそうです。

 

■意外に難しい素材のコンプリート

からっぽ島には全く素材がないので、様々な素材を持ち帰るのが素材島探索の目的です。

素材集めと同時進行で、素材をチェックしていきます。

 

このチェックが重要で、ジメジメ島にある素材を全てをチェックすると「木材」と「枯れ草」が無限解放されます。このコンプリート報酬こそが最大の目的。

全ての素材チェック目指して島をくまなく探索しました。

意外に広いので、全て歩くだけで30分くらいはかかりますね。

 

最初につまづいた素材はにわとりでした。

鳴き声はするのに姿が全く見えない。遠ざかると鳴き声は聞こえなくなる。戻ると聞こえる。やっぱりこの辺にいるのは間違いない・・・

 

まさか?と思って木を見上げるとそこにいました。僕が訪れたジメジメ島では、にわとりは木を登るという設定でした。

 

「木に登るニワトリがいるかっ!」と思いましたが、とりあえずは見つかってよかった。

なでなでして、手なづけました。

 

■「本当に大きい大木」と「少し大きい大木」

そしてもう1つ見つけるのに時間がかかった素材は「枯れた大木」でした。これは島を再ロードしたりして何度も探しました。

 

葉っぱが黄色くなっているのが「枯れた木」だというのはすぐにわかりました。それの大木バージョンが「枯れた大木」だと勝手に思ってしまったの運の尽き。

 

ビルダーズ2では何十ブロックも使って組み上げたのが「大木」というくくりなのですが、それの黄色いバージョンはどれだけ探しても見つかりません。自力での発見は断念、結局インターネットで検索。「枯れた木」のちょっと大きいのが「枯れた大木」ということを知り驚愕。それならいくらでもあるよ。あっさりと見つかりました。

 

訪れるごとに地形も含めて全てが変わるので、攻略本やサイトはあまり頼りになりません。とにかく自分で歩いて探すしかないのですが、それも1つの楽しみです。

 

無事コンプリートすることができ、木材と枯れ草は使い放題になりました。

素材の在庫のことを考えずに、建材を作れるのっていいですね。

探すのは大変でしたが、それだけの価値はありました。

 

ビルダーズ1ではブルーメタルが見つからずに苦労しましたが、ビルダーズ2でも素材探しは苦労しそうです。

 

■キラーパンサー撃破

ジメジメ島を回っているとキラーパンサーに遭遇。ドラクエとは切っても切れない代表的モンスターです。

 

装備している武器はまだいばらの剣なので、全然ダメージが入らない。キラパンの攻撃力は高いですが、モーションが大きいのでなんとかかわすことは可能。時間はかかりましたが、倒すことができました。

 

アイテムを落としたので、早くもキラーパンサーが仲間になったと勘違いしてしまいましたが、それはキラーパンサーの像が置けるようになっただけでした。

 

とりえあずからっぽ島に戻り、トイレの近くにキラーパンサーの像を設置しました。

 

■からっぽ島を開拓するにはアイデアがからっぽ過ぎた

素材コンプリートを達成すれば、ジメジメ島は一応クリアということなのかな?

これで木材と枯れ草が使い放題。いざ開拓開始・・・しかし全く建築のアイデアが浮かんでこない。

 

凸凹だらけの土地が気になるので、とりあえず整地。そして仮設トイレの第二弾を設置。男女別になり前回よりはマシになりました。

 

ここから先、何をすればいいかわからない・・・とりあえずログハウスを建築してみようかなと思うが、アイデアがない。勉強してつくり方を学ばなければ何もできません。ゼロの引き出しからは何も出てきませんね。

 

詰んだのでメインストーリーを進めることにします。