内向的でも堂々と生きていける

主に人間関係について書きます。少しでも読んだ人が楽になれば嬉しいです。

DQB2 おおきづちの存在なしでは語れないビルダーズ

ネタバレありにつき、未プレイの方はご注意ください。

 

ビルダーズにはかかせない存在である「おおきづち」というモンスター。

敵としての初登場は確かドラクエ5だったような気がしますが、スライムナイトやゴーレムと肩を並べるほどの、押しも押されぬ人気モンスターへと成長しましたね。

 

■しろじいの神殿

ドラクエビルダーズはブロックを壊すゲームなのでハンマーという武器が欠かせないのですが、そこでこの「おおきづち」というキャラが生きてきます。武器としてのおおきづちと、キャラとしてのおおきづち、まぎらわしいのでこの先キャラとしてのおおきづちにはさんをつけることにします。

 

シドーくんを仲間にしてまもなく、このおおきづちさんが登場します。

名前はしろじい、白く光っているじいさんだからなのかはわかりません。このしろじいの登場で無人島生活は急展開を見せます。

 

しろじいの神殿でちょっとしたミッションをこなした後に、おおきづちとこの島全体をもらいます。おおきづちでこれまで壊せなかったブロックを壊せるようになり、それと同時にこの広い空っぽ島を受け取る。一気に世界が広がります。

 

しろじい

この島はからっぽ島・・・。

かつてこの世界にいた、いにしえのビルダーが自らの夢をつめこもうとした島ぢゃ。

しかし・・・。今は全てが失われ島には何もない。

あるのはいにしえのビルダーの遺志だけ・・・。

 

 

現時点ではわかりませんが、この広大な荒地のからっぽ島がフリービルドモードの舞台で、それ以外の島がストーリーモードなのかな。その辺は進めれば明らかになるでしょう。

 

ここで掲示板も解放されます。

いつか写真などもアップしたいと思いますが、今はストーリーが楽しいのでそちらを全力で進めます。

 

しろじいの神殿イベントをこなすと船が登場し、他の島への旅立ちを示唆されます。

 

■DQB2での3つの神改修

ビルダーズ2ではDQB1とかなり操作が変わっていてキーの割り当ても少し違うものがあるので、慣れるまでに時間が必要ですが、それ以上に便利になっているので気にはなりません。

 

それよりも改修された機能が素晴らしすぎて、ビルダーズ1のダメだったところは全て改善されているといっても過言ではありません。

 

神改修その1 ダッシュ機能

Rボタンを押しながら移動するとダッシュします。目的地まで遠いことが少なくないので、ダッシュ機能は必要不可欠ですね。

 

神改修その2 連射機能

ものを壊す時にZRボタンを押しっぱなしにすると、連続で壊してくれます。これは有難い機能。

 

神改修その3 アイテム上限999

DQB1ではアイテムの整理に莫大な時間を吸い取られましたが、DQB2では個々のアイテムの上限が999になっているためによっぽどのことがなければ満タンになることはないでしょう。アイテム整理から解放されゲームに集中できるので、本当に助かります。

 

■30年ぶりに遭遇するDQ2のモンスターたち

舞台はモンゾーラという島へ。

到着してすぐに、マンドリル2体と戦います。このマンドリルも確かDQ2でしか出てこないモンスター。

 

DQB1の世界で最もプレイヤーを悩ませたのは「ゴースト」による闇討ち。何度も死にました。DQB2の世界では闇討ちは「ゆうれい」が担当します。このゆうれいというモンスターも確かDQ2でしか出てきません。ビルダーズ2版のゆうれいの攻撃力は尋常じゃないのでまたもややられてしまいました。

 

ほかにもぐんたいあり、おおなめくじ、おおねずみなど、懐かしいDQ2のキャラが続々と登場します。

 

こうやって再び命を吹き込まれたDQ2のモンスターたちと30年ぶりに対峙できるのもこのDQB2の魅力の1つです。