内向的でも堂々と生きていける

主に人間関係について書きます。少しでも読んだ人が楽になれば嬉しいです。

星ドラ 命竜のオノ、それは星騎士のオノ

2019年10月15日深夜0時、星のドラゴンクエスト4周年を迎えると同時にロトの剣覚醒。事前に情報は出ていましたが、これは盛り上がりましたね。

 

命竜の青結晶が結局集められず、それ以外の素材は全て揃っていますがひとまず覚醒は延期しました。

 

自分にはドロップ率の良いギガ伝だと難易度が高すぎる。ソロの勝率は5割くらい。

伝説だと楽勝だけどドロップ率は悪い。

今残っているミッションを全て消化してから再び命竜の青結晶集めを再開します。

 

残り4個は長い。

 

ロトガチャに絡めた命竜新装備が出ましたので見ていきます。

 

■命竜のオノ

とくせい:命の鼓動・攻撃特技

ターン開始時7%でこうげきとくぎのCTが30%たまる

 

メインスキル:命竜の構え

次に使用する攻撃特技か補助特技のダメージを1.3倍にする

この効果はいてつくはどうで消されない

CT:12秒

 

超越こうか

効果を追加 追加CTは時間経過でしか溜まらない

自分のHPを300回復するようになる

特技のCTが25%たまるようになる

 

闘神のオノについていた、闘神の構えの現代版スキルといった感じでしょうか。

HP回復効果をなくした代わりにCTを12秒に短縮。波動で消されないバイシオンといったところでしょうか。

ただこの1.3倍効果は怒りやバイキルトで攻撃力が上がりきった状態のダメージを1.3倍しますので、かなり火力は出ます。

 

1 勇者のかぶと装備(メインスキルのダメージを1.3倍にする)

3 命竜の構えにも入っている(ダメージを1.3倍にする)

2 怒りやバイキルト状態(攻撃力40%上昇)

4 コンボキャノン経由

 

この状態でメインスキルの攻撃特技Sを放つと恐ろしい数字が出ると思います。

よって抜き出して星神のオノ(神竜のぶとうぎ上)にセットするのが正解かなと思います。

超越こうか待ちもそんなに長くないので、他のスキルを撃ったりしていたら、いつの間にか超越CTがマックスになっていると思います。

ちょうどいい頃にダメージも回復して、火力を上げ、一気に敵をねじふせることが可能です。

 

完凸時サブスロット構成

攻撃呪文S 

攻撃特技S/補助特技A 

補助特技A/補助呪文A 

攻撃特技A 

 

オノで攻撃呪文?ものすごく違和感がありますが、星騎士だけがこの武器に対応します。

それ以外の職業だと攻撃呪文Sスロットが死にますので、これはほぼ星騎士専用の武器ですね。

 

メラガイアー・超越メラゾーマギラグレイドマヒャデドスバギムーチョジバルンバドルマドンギガデイン

ほぼ出揃った全属性攻撃呪文Sを全て抜き出している呪文マニアで星騎士愛用者。

なおかつ攻撃呪文Sをセットできる星5武器を持っていない。

そんな方は器として育てる価値はあるかもしれませんが、そうでない方は抜き出し一択です。

 

攻撃呪文Sスロットが攻撃特技Sとの2色スロットでないことが悔やまれますね。

出た瞬間に錬金を期待する武器ってたいていハズレ武器なんですよ。

 

最近流行りの無凸優遇スロットではないため、メインスキル抜き出しを想定されて作られてますね。わざわざ面倒な呪文をセットして苦難の道を行くくらいなら、黄金竜のオノや星神のオノでザクザク斬り刻む方が楽です。

 

呪文をセットする時に何が面倒かって、呪文をセットすることじゃないんですよ。

それ以外の防具を攻撃魔力特化に変えないといけないことなんですよね。力特化をわざわざ攻撃魔力特化に変える。それでもダメージはそんなに出ない。

久々に呪文を唱えるとそのダメージの低さに絶望します。

 

魔法職用の着替えにかけた時間も報われないし、呪文職のためにロッカーを1枠使う価値を感じないんですよ。

 

斬新なコンセプトの武器だとは思います。