内向的でも堂々と生きていける

主に人間関係について書きます。少しでも読んだ人が楽になれば嬉しいです。

ドラクエウォークをカップルで楽しむための秘訣

2019年秋、日本中の中年をウォーキングに目覚めさせ、医療費削減にも確実に貢献するであろうドラクエウォーク。

 

無課金ユーザーにはかなり厳しい難易度に設定してあるという記事を昨日書きました。

ただし、これはメインストーリーの進行を最優先にした場合のことで、ゆるーく近所を歩き回る程度ならば課金は一切必要ありません。

繰り返しになりますが、無課金(星5装備なし)だとボス戦にめちゃくちゃ時間がかかり、歩く時間が減ります。

 

僕も今日はボス戦に時間のかかるメインストーリーを一切進めず、近所の散歩を兼ねて難易度の低いゴールド・強化石・導きのかけらのサブクエスト3種をこなしたのみです。ゆるーく長くがスマホゲームを楽しむ秘訣なので、たまにはこういう日もあっていいと思います。

 

■DQWデートに連れ出す前に、まずはあなたの彼女のビアンカ度をチェック

昭和に産声をあげたドラゴンクエスト。気がつけばもう30年以上の時間が経過しています。あの時小学生だった僕も見事なおっさんになりました。

 

どんな年齢層がDQWをプレイしているのか。

そして今時の若者はドラクエに興味があるのか?

まず大前提はここなのですが、おそらく最近の若者もドラクエウォークをやっていると思われます。

 

ドラクエウォーカーの比率はこんな感じではないでしょうか。

50代 10%

40代 30%

30代 35%

20代 20%

10代以下 5%

 

ちなみに10代以下の人は40代・30代の人たちのお子様である可能性が非常に高いです。親子二代でモンスター討伐って、あのドラクエ5の世界じゃないですか。

家族で出かけることなどまずありえなかったウチからしたら、親子で一緒に冒険なんて非常に微笑ましいことです。

 

そして今後増えていくであろうカップルでのDQWプレイ。

あのドラクエ5の主人公とビアンカがお化け退治をしたいくつかの夜の出来事。

あれをリアルで再現できるわけですね。まさかこんなことが体験できる時代が来るとは夢にも思いませんでしたね。

 

カップルにもいろんな段階があります。

2人で一緒にいるだけで幸せな付き合いたての時期。

そんな状況ならドラクエがなくても幸せでしょうね。彼らにDQWをやっている暇はないです。

 

さて問題は、ドラクエウォークを口実にデートに誘ったり、これからDQWデートをしたりを目論んでいるカップル予備軍の男性向けにちょっと気をつけてほしいことをいくつか挙げてみます。

 

まずはあなたの彼女(狙っている人)のビアンカ度を必ずチェックしてください。

 

宿屋の娘さんであるか、否か。

未知への冒険に対する好奇心はどれくらいあるのか?

これが一緒にDQWを楽しむ上で重要です。

あとはゲームに対する適応能力もチェックすることを忘れないように。

 

インストールも一括ダウンロードで済ませておきましょう。容量が216MBほどありますのでWiFi環境下であらかじめやっておくといいです。

 

■彼女とのプレイ中に注意すること

無課金でスムーズにストレスなく遊べるのは第1章の終わりまで。

あとはガチャ運次第ではボス戦に10分くらいかかるようになります。

つまりデート中のスムーズな移動の邪魔になります。

 

ドラクエウォークをすること」がデートのメインの目的ならそれでもいいですが、どこかへデートするついでにDQWも進めようと思っているのなら第1章クリアまででやめたほうが無難です。その先は確実にデートの邪魔をします。

 

テンポ良く移動したい時に「ちょっと待って。このボス倒してから」みたいになり足止めを食らいます。もしくは男性が夢中になりすぎて女性側を延々と待たせてしまいます。

デートはテンポが全てですから、相手を退屈させない配慮が必要です。

 

女性は地図を読むのが苦手な傾向がありますので、次の目的地を設定するのに時間がかかります。これはもう生まれついてそういうものなので仕方ないです。優しく見守りましょう。 

話を聞かない男、地図が読めない女

話を聞かない男、地図が読めない女

 

 

絶対に課金を強要してはいけません。

あなたのギャンブラー魂に火がついても、それを彼女に強要してはいけません。

「え?倒せないの?ガチャ引けば余裕だよ」

全てを無に帰すマダンテのようなセリフです。気をつけましょう。

 

女の子はどういうわけか歩き回るデートでもヒールを履いてきます。

そんな時は歩き回ることを強要してはいけません。

「今日は疲れたから、ドラクエウォークやめようよ」などと優しい嘘をつければそれは彼女にとってはベホマとなり、体力も回復。おまけにかっこよさもアップ。

あえてDQWをしないことで、今後も一緒にDQWを遊べるようになります。

あせらず常に先をみて行動しましょう。

 

デート中に絶対に無料ガチャを引いてはいけないです。

ガチャの結果次第で一瞬にして大きく戦力に差がつきます。ガチャで排出された星5装備のおかげで楽に倒せる相手も、相手にとっては超強敵です。戦力の差が、2人の距離になってしまうことになりますので、もしストーリーを進めるのならば同程度の装備で楽しく和気あいあいと進めましょう。

 

デート向けに無難なのはモンスターのこころあつめと、サブクエストのゴールド獲得クエスト、強化石獲得クエスト、導きのかけら獲得クエスト、これくらいですね。

本腰入れて向き合わなければいけないクエストは1人の時にやりましょう。

 

昼のデート(観光)では真剣にやらずに、夜のお散歩を兼ねて近所を2人で歩き回ったりするのもいいかもしれません。

 

「ねえ 今夜も行くでしょ。今のうちに寝ておく?」

「じゃあおやすみ。夜迎えに行くからね・・・」

パパスが寝静まった頃を見計らって小さな冒険に出かける。

ワクワクしますね。

 

武器はいりません。とりあえず歩きやすいスニーカーを装備しましょう。

この時期の夜は過ごしやすいし、カップルなら職質される可能性も激減して、一石二鳥です。

 

■まとめ

・観光地ではメインクエストを進めない

・(オートで倒せない)ボスと戦わない

・次の目的地の設定のため5分の空き時間を用意

・課金を強要しない

・歩くのも意外に疲れるので、疲労を感じたら休む

・出先でガチャを引かない

・こころを集めるのが一番無難で楽しい

 

こんな感じで楽しむのがカップルにはいいのかなと思いますよ。

ドラクエウォークを最強のマッチングアプリにするのも、お別れアプリにするのも全てはあなた次第です。

 

さて、ドラクエウォーク飽きたっていう声があがり始めましたが、多分それはガチャに当たらないからだと思います。当たらないと全然楽しくない。これは星ドラも同じでしたね。

そして一度飽きた人は絶対に戻ってきません。これも多分同じでしょう。

 

武器をガチャにしたのはやはり失敗だったのでは。他にいいやり方はあったんじゃないかな。誰もが楽しめるゲームにする可能性はあっただけに早期離脱は残念ですね。

 

実際僕もウォーク・モチベーション・ゲームとしてそれなりに楽しめているわけで、そういう人も多いと思います。

だからこそ星ドラと同じ道を辿らないよう注意深く見守っていこうと思います。

 

ライトユーザーであるカップルが末長く遊べるゲームであってほしいなと願うばかりです。