内向的でも堂々と生きていける

主に人間関係について書きます。少しでも読んだ人が楽になれば嬉しいです。

星ドラ アップデート容量1.7GB、その中身はあっち向いてホイだった

ある程度は予想していましたが、まさかアップデートの容量が1.7GBになるとは思いませんでしたね。

これくらいの容量ならあらかじめ伝えておいたほうがいいのではないでしょうか。

それならこちらも心の準備ができますので。

知らずに仕事から帰ってきて23:30にアップデートを開始した人は今日の分の炊き出しができませんよ。

 

月額星パスも、有償ジェムでは購入できない仕様。

そして自動継続とApple IDの利用。こういうのもあらかじめ言っておくべきだと思うんですよ。

 

現在の2週間星パスが切れた時に月額に切り替えるためにあらかじめ有償980ジェム買った人いると思いますよ。

 

■星の武道会と書いて金券集めと読む

毎度のことなので慣れっこですが、メインの方に新しい要素は皆無です。

周回を頑張って金券を集めるのみです。

 

さっそく破幻のリングのレシピを交換し、作ってみました。

幻惑ガード・中に追加でHP、みのまもり、回復魔力がつくものだと思われます。

幻惑に無防備な新人さん向けのアクセですね。

 

■ひかりそうび錬金

●ひかりのかぶと

追加スキル

ひかりの導き

戦闘開始時HP25%回復・特技のCTが25%たまる

 

ちから中は本体に組み込まれました。

元々の性能が優秀なので地味に感じますが、これが今回一番の当たり錬金ですね。

 

●ひかりのよろい上

光ブレスダメージ軽減・中が強へ

HP+中が超へ

 

元々耐性装備で使う場面は限られていましたが、その耐性の性能がアップしました。

 

●ひかりのよろい下

ときどき活力の雨がときどき活力の慈雨へ変化

ターン開始時最大7%だったのが、10%へ

 

このスキルは高難易度では全く役に立ちませんが、周回やメタル狩りでは重宝します。7%でも結構発動する感じがするので、10%だとかなり頻繁に発動するイメージです。

 

ひかりシリーズ唯一のハズレと言われてきたひかりのよろい下ですが、これでもうハズレ呼ばわりされることはないでしょう。使えばそのありがたさを実感するはずです。

 

●ゆうしゃの盾

CT減少耐性+弱が強へ変化

 

CT減少耐性は100%でないと意味がないことが多いです。20%が45%に変化してもあまり魅力は感じませんね。

やすみ耐性を強にしてくれると嬉しかったです。

こうげき力+8も追加されましたが、ここは+10ほしかったところです。

 

貴重なやすみ耐性付きの盾のポジションは変わりませんし、防御でバイシオンは唯一無二の優秀さ。元々の性能が高いものはどうしても錬金が地味に感じてしまいますね。

 

■あっち向いてホイには絶望を感じた

アップデートに時間がかかったのもあって、少ししかモガステをプレイできていませんが、イベントを薄くしてまで開発に熱を入れる価値があるのか疑問に感じています。

 

まずいい大人が完全に子供向けの「あっち向いてホイ」を本気で楽しめるかっていうのもあるし、皆がモガステであっち向いてホイをやっているあいだ、その人数分だけ確実にマルチは過疎するわけですよね。そこが一番の問題なんですよ。

 

10を除くナンバリングのドラクエならカジノがあっても自分のペースでやればいいのです。締め切りも期限もないし、魔王もラスボスもカジノに飽きるまで待ってくれる。

 

周回やアイテム集めに締め切りのあるソーシャルゲームにカジノを入れるということは、アイテム集めが確実に滞ることを意味します。例えば紋章集めならお目当ての紋章にたどり着く可能性は確実に減ります。

 

ソーシャルゲームの世界を破滅に導くのは魔王ではなく、プレイヤーがいなくなることです。

 

闘技場、すれちがい冒険者、モガステ

 

マルチの人数を減らす要素をこの半年で次々と導入して一体ユーザーをどこへ連れて行こうとしているのか。本当に謎です。

 

ルビス&ひかりガチャ、お祭り時期でもないのに12.5%の大放出。

しかも賢者の杖、大天使剣、オチェアーノ剣復活。

ここは評価できる。勇者剣用のアークブレイドがなかった新規さんも喜んでますよ。

 

※昨日の記事に経験値2倍期間はアップデート前までと書きましたが、明日10日23:59まで経験値2倍期間は続きます。輝石イベントと同時に終了ですね。失礼いたしました。