内向的でも堂々と生きていける

主に人間関係や楽な働き方について書きます。少しでも読んだ人が楽になれば嬉しいです。

不必要な人脈を切れるか

本田翼ちゃん、東出昌大さん主演のアオハライド見始めました。

AmazonPrimeさんいつもありがとうございます。

アオハライド

アオハライド

 

 

まだ前半の30分くらいしか観てないのですが、気になったシーンがあったのでそのことを書きます。

 

■まずは1人になろう、そこから全てが始まる

主人公の双葉(本田翼)が仲良しグループから抜け出すところから映画は始まります。

 

・購買部での万引きを疑われても守ってすらくれない。

・もてる女子に対する激しい嫉妬。

 

明らかなこのグループから抜けだせよフラグ。

 

意を決して、

「嫌いならほっとけばいいのに。ほっとけないくらい嫉妬してんだよ」

と発言したことで「脱会」します。

 

ここで友達と縁を切ることから新しい物語がスタートする。

悪友と縁を切ることで、良友との出会いが訪れます。

 

もうこれだけで観た甲斐があった。

 

■1人でいることを許されない時代

「誰かといるより、1人でいた方がいい」

こんなこと言うとなぜか心配されますよね。

下手すれば「病んでるね~」って言われます。

 

人として当たり前の感情がなぜ病んでるのか疑問ですが、映画の中で双葉が所属していたような嫉妬ばかりする仲良しグループに所属していたらそうなっても仕方ない。

 

簡単に誰かと繋がれる時代。1人で過ごす時間の重要性に気づいていない人が多すぎる。

誰かと繋がっている安心感と誰かと繋がっていることによる損失。

天秤にかけると間違いなく損失の方が大きい。

 

誰にも邪魔されずに物思いにふける。これが人を一番成長させるのです。

今はこれすらできない時代。

そちらの方がどれだけ病んでいるか。

 

「忙しい?」って聞かれると困ります。

僕は常に忙しいですよ。1人でいることに忙しい。決してそれは暇な時間ではないのです。

思い返せば小学生の頃から1人で学校行って、1人で帰ってくることが圧倒的に多かった。別に一匹オオカミだったわけじゃないけど、あの時間の積み重ねが今の自分の行動のルーツのひとつであることは間違いない。

 

■リストから排除すべきはこんな人

その環境にいたら絶対病むよ。

側から見ているとそう思うのですが、本人は絶対に変えようとしない。その環境に必死にしがみついている。

 

「彼氏が暴力を振るうけど、でもワタシ好きなんです」

実際過去にこのケースがありました。もう意味がわかりません。本人にもやめたほうがいいと伝えましたが、どうしようもないのです。

 

人を闇に引きずり込む厄介な性質をいくつか挙げますので、これに当てはまる人は友達リストから排除することをお勧めします。

 

・「1人の時間が好き」って言った時に「じゃあわたしといる時はつまんないの?」って聞く人(かまってちゃん)

・あの人がこんなこと言ってたよといちいち報告する人(歩くワイドショー)

・不平不満ファーストの人(クレーマー)

・団体行動を好む人(無責任)

・会話が全て誰かの悪口な人(生産性ゼロ)

・やたら相談する人・されたがる人(未解決案件の増加)

 

あなたも双葉と同じように脱会できますか?

脱会すると新しい出会いがあります。

 

人生の質はどれだけ不要な人脈を切れるかで決まります。

過去にしがみついていたら何も起こりません。

 

■可愛さは正義

アオハライドはあくまでも青春映画。

人脈を切りまくる映画ではありません。ここからかなり甘酸っぱい感じになるのだろうなと予想出来ます。

 

楽しみながら残りを観ようと思います。

アオハライド DVD 通常版

アオハライド DVD 通常版