内向的でも生きていけるはず

主に人間関係について書きます。少しでも読んだ人が楽になれば嬉しいです。

ついにiPhone SEがなくなった

日本時間の深夜2時からのアップルのイベント。朝起きてチェックすべき項目は一つしかなかった。iPhone SEがどうなるかだ。

噂はされていたが、iPhone SEが引退した。残念を通り越して悲しい。

 

2018年の9月現在、iPhone 5を現役として使っているのは日本に僕を含めて10人くらいしかいないと思う。このサイズがずっとしっくりきていた。新しいiOSには対応しないので、買い換えるならiPhone SE一択だったが、アップルの非情な決断。これは時代の流れだろう。

 

iPhone SEを推す理由は2つある

・ケースをそのまま使える

・安い

 

端末を変えて一番面倒なのはケースや液晶フィルムの交換だ。今のケースが気に入っているのでそのまま使いたいし、新しいケースを選んだりする時間がもったいない。

値段は5万円と少し。高すぎず安すぎず、Appleスマートフォンとしては妥当な値段だと思う。

どちらにしてもいつかiPhone SEに買い換えるつもりでいたので、まさかこんなことになるとは思わなかった。

 

僕はiPadmini 4をもう3年近く使っていて、あの程よいサイズ感がとても気に入っている。スマホは電話の使えるサブ機という位置付けでほとんどiPad miniで済ませている。それぞれのサイズにそれぞれの役割がある。調べ物や読書はiPadmini、電話・カメラはiPhone、上手く使い分けていた。

そのせいもあってここ数年のiPhoneの大画面化に全く興味がなかった。

iPhoneとiPadminiが上手く住み分けられていると思っていたが、Appleは統合の流れに進んでいる。

 

名前が覚えにくい新製品

去年iPhoneXが出た時、もう機能はどうでもよくてまずその値段に驚いた。高すぎる。スマホに10万以上払う理由が僕には見つからない。完全に別の世界のアイテムになり興味がなくなった。

 

今回の新作iPhoneで思ったのはまず名前が覚えにくいということ。今も調べないと名前が出てこないほどで、

iPhoneXS Max

iPhoneXS

iPhoneXR

シンプルを追求してきたAppleらしくないわかりにくさ。ビジネス的には名前が覚えにくいのは致命的。

 

そして一番高いものは16万4800円。今これを打ち込んでいるiMacは2011年のモデルだが、当時新品を90000円くらいで買った記憶がある。これが2台買えるほどの値段だ。落として割れるモノに払う金額じゃない。庶民には手が出ない高級品になってしまった。一部のお金持ち以外はスマートフォンにそこまで求めてないんじゃないかな。

 

赤ロムに注意

今回iPhoneのことを調べているうちに赤ロムという言葉を知った。

分割で買った端末の支払いを終えずに中古品として流通し、その後キャリアによって利用停止にされる端末のこととある

Wifiでしか使えないiPhoneということなのかな。それはもう電話ではないよね。

 

驚くほど安い金額で売っているiPhone SEをいくつもみかけたが、そのほとんどはこの赤ロムだろう。みなさん気をつけてください。

 

革新とは何か

僕は新しもの好きではないし、見せびらかせたがりでもない。流行りも気にしない。シンプルで良いものを長く使いたい。

そういう願いが叶いにくい世界になってきているなと思う。

 

抗えない時代の流れがある。MacではCD/DVDドライブ、iPhoneだとヘッドホン端子やホームボタン、作り手が不要だと思ったものは、どんどんなくなっていく。自然淘汰ではなく強制排除に近い。本当にそれは革新なのか疑問が残るAppleEventになった。